« たばこ栽培と煙草・喫煙 | トップページ | 腕時計 »

サラリーマンの背広

1980年就職し配属先は顧客先に派遣となって、情報処理の仕事が始まる
当初はスーツで工場に通勤していたのだが、シャツ+ネクタイ+スラックスでも良かったため途中からは少し楽な恰好(金がかからない姿)での生活となる

1983年頃都内に戻どり自社/顧客先での仕事が続いたこともあって、背広(3ピーススーツ)での生活となり田舎先への派遣になるまでそんな恰好だった。

田舎先派遣でも暫くはスーツで過ごしていたのだが、工場という事もあって1回/週はカジュアルでの勤務可となる
その後制限が無くなりカジュアル可となって、今ではブルージーンズ+シャツの生活となる
(Tシャツとか穴あきGはダメで清潔感がある事らしい)
暖冷房を厳しくする代わりに、暑さ寒さに耐えられる格好にするとか。

そうなると靴も修理しながら履いていたリーガルは、靴センターの皮靴となり他はスニーカーのみ
中年太りで背広は殆ど全滅→廃棄/ネクタイは古臭い柄とか/ワイシャツは黄ばみがちで現在は1セットのみ使用可の状態です(黒服を除く)

|

« たばこ栽培と煙草・喫煙 | トップページ | 腕時計 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56760/66722303

この記事へのトラックバック一覧です: サラリーマンの背広:

« たばこ栽培と煙草・喫煙 | トップページ | 腕時計 »