« ルーテシア・トゥインゴに行き着く理論(感情の流れ) | トップページ

New シトロエンC3試乗

C31フランス車をチェックしている時点で、シトロエンのホームページにNew C3というSUV的なモデルが全国行脚を行うニュースがあってそれで画像は見ていたのだが、SUVは好きではないので確認対象外となっていた。

C3はノンターボモデルであったため除外・DS3はそこそこ気になっていたが、ディーラーが遠いという理由を埋め切りない状況

ルノートゥインゴとルーテシアを見に行ったりしていたのだが、なんか踏ん切りがつかない(背中を押される感じにならないでいた)

そんな中C3の内装の画像をたまたま見ると、赤のラインのインテリアとか、バッグ取っ手のデザインが好印象に思えてきた
そうするとエクステリアもそれ程SUV出来ではないように思えてきて、一度実車を見てこようと思い宇都宮に出かけてきた

自分の住んでいるのは茨城なので、つくばがディーラーのある場所・でもいくつかの市内通過より国道でも田舎道で宇都宮に遠征の方が良い感じがしてです(下道・高速で1時間少々の距離はある)

あいにくの小雨模様だったが、デビューエディションの白+赤とアーモンドグリーンの実車がありチェックと営業に色々確認
グローブボックスは残念ながら右ハンドルのため、左側のヒューズボックスで半分になる(プジョー208と同じらしい)
C4とかピカソも取扱説明書書類はドアに突っ込んでいる始末、あぁこういう事なのね

ボンネットのOpenレバーは左側で移動していない、トレイ・小物入れが素朴のままでカップ・コーヒー缶は倒れるなど
きちんと右用に切り替えてくれているドイツ車に比べると、やはり見劣りする、インテリアについてもコストの関係もあって素朴な・コストを抑えたデザインと言える気がする

C32C33でも今回フランス車をチェックしていて購入を考えている理由は、ドイツ車までカチッとしてなくても良いよね
頑張りすぎてなくても。贅沢しなくても良いよねって気分になっているからだと思う

後はアウディA1のタイヤの薄さ硬さ(215/40R17)が、流石にもういいかなってのと、ゆったりしたいのにしたいという感じです
そういう点では208/ルーテシアのシートは気に入ってます、でも決断には至らない点があったのです

翌週7/29からC3の試乗会があるという事で、日曜日に再度宇都宮まで出向き、アーモンドグリーンに試乗してきました。
先ずA1と比べて低速でハンドルが軽い軽いでも、20-30kmになるってくると重みがかかってくる40-50kmの一般走行速度になるとかなり落ち着いてくる感じかな(ルーテシアほど強い直進性は感じない、でも何故かA1よりは良いと思う)

1.2L 3気筒ターボ+アイシンAW製 EAT6になったとのことで、低速からトルク感のある加速を感じる
A1はSドロニック(DSG)のため、1-2速で強めに踏むとジャダーで出る事があるのでそっと踏む癖が付いている

A1はエンジン回転数を割と当てて加速して行くイメージにしているので、そこが違いと感じた。
このアイシンならDSGのように気を使わないアクセルワークができると思う
あまり好きではなかったトルコンATでも良いかなって思える(CVTはWHP11プリメーラで懲りている)

エンジン単体の性能とか燃費に関しては、アウディA1の方が良いと思う、シリンダーオンデマンド(COD/気筒休止)だともっと良いのは判ってます→やはりコスト問題で今回アウディを除外しています、Optimeも高くつくし

それ以外で気に入ったのは、ラジオ+オーディオ+エアコン+他がタッチパネルで全コントロール可能な点、iPhone+USB接続でプレイリスト+ジャケ写が表示可能でこれが結構ポイント高い(今時は普通かもしれないが)スイッチ類が少なくダッシュがすっきりしている、でも物理スイッチでは無い分操作性が落ちているところもあるもかも

ナビは導入可能だが19万はちょっとなぁ勿体ない、ヤフーナビとかですませる予定・apple carplayの適用は無いようだ、多分ナビメーカーへの配慮か何だろうなぁ残念です

C3 FEELで245万程度で、Shineだと278万ぐらいになるようで、赤ラインのインテリアは結構気になっているがそれらで+20万ってのも勿体ないので、多分FEELにすると思う(買うならだけど)

|

« ルーテシア・トゥインゴに行き着く理論(感情の流れ) | トップページ

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56760/65604511

この記事へのトラックバック一覧です: New シトロエンC3試乗:

« ルーテシア・トゥインゴに行き着く理論(感情の流れ) | トップページ