« iPhone5S 32GB Docomo購入 | トップページ | 35年ぶりの鶯谷駅付近 »

ライブ・コンサート・フェスに突然行き始めた想い

Dm学生の頃は田舎ではコンサートとか当然縁が無い、でも小学生の頃から洋楽を聴いていた(昭和45頃か邦楽は歌謡曲程度しかなかった)のでカーペンターズが来るとのことでチケットを姉にとって貰い、ひたちなか(勝田市)運動公園の体育館かなで観る事ができた

それ以降は都内に住んでいても川崎に移っても、レコードからCDになってラジカセからステレオを秋葉で買い揃えてもそこまでだった

つい最近まで音楽は自分の手元にあって良いタイミングの時に聴ければ良いという思いだった、実際ラジカセ・ステレオ・カーステレオと流れて、車は4〜5年で変わり再生環境もグレードが上がるのでそれほど不満は無かったな(初期の車載カセットは車検の度交換してた)

だけど時代は流れていてジョンが撃たれて、カレン・フレディもいなくなったりで、あっCDでしか聴けなくなってゆくのかという感覚が多くなる。レコードからCDに替わりレンタルそして配信になったりでどんどん狭まってく感じもあって「生」は今からでも聴かないとどんどん無くなってくんだろうと

生を気にしたのはPerfume CDとライブが違いすぎるというのもポイントだった、始めは当然CD/MVの方が良いなと考えてたし、PTAには入ってなかったのでぴあでぐるんぐるん日本武道館があって取ろうとしたら瞬殺、一度こう言う流れになるとチケットを取るのが目的となってしまい、勢いでマリンメッセ福岡を取り遠征したのが2014/08

そんな気持ちになったから今年は稲垣潤一・槇原敬之・LOVERSSOUL・ポール・マッカートニー・夏FES・Perfumeなどと立て続けに出かけるようになる。まぁここ数年鉄道を追って旅行していたので、ついでにという言い分けでもあるが

それにしても去年の竹内まりやに行けなかった(広島遠征ならチケットが取れたはず、でも福岡行ったから躊躇ってしまった)とか、山下達郎は平日なのでスケジュールがなかなか取れない(2016/02サンプラザは先行落ちた)、松任谷由実はスキー場でしかしないのかなと自分のiTunesライブラリのかなりを占めているアーティストには行けていない

|

« iPhone5S 32GB Docomo購入 | トップページ | 35年ぶりの鶯谷駅付近 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライブ・コンサート・フェスに突然行き始めた想い:

« iPhone5S 32GB Docomo購入 | トップページ | 35年ぶりの鶯谷駅付近 »