« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月の4件の記事

パプアニューギニアからのQSLカード

Png5月に交信して6月にはDirectが届いていたのですが、ブログ更新を怠っていましたので改めてアップします(以降も届いてはいるので徐々に記載します)

アンテナはいつものようにDPで15mでした、EU向け(ギリシャ方面)なのですが5-6000kmであれば届いてしまうようです。

結構ノイズが乗ってはいたのですがいつものように相手局の耳に助けられています、4月にも別局と交信できたのですが少し怪しい思いもあるのでこちらにDirectしcfmとなったしだいです

OCは割と簡単に繋がるものだと理解できました、但しDX Pなどパイルってしまうと当然押しつぶされるというか取って貰える状況にはならないので、隙間も狙うという方法しかやはり無いようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Uzbekistan QSLカード到着

Uzubeki8月コンテストの合間にUzbekistanと交信する機会があり、Direct請求(マネージャーはロシア局)分が到着しました

ロシアは割と郵便が安心なのではと思っていたのですが、返信用封筒に記載したCallSignをマジックで消した後がありました

切手が貼ってあったので投函したと言うことなのか、そのために消したのか不明ですが事故があると言うことも考慮してのことなのかと思います

交信自体は殆どスタンプでコールと名前程度、そのくらいが英語の限界です。因みにずっと「のが」と呼ばれていたのですがそれより「SHO」の方が簡単そうなので似合わないと思いながらもショウというニックネームを使うことにしています


| | コメント (0) | トラックバック (0)

CQWW DX Contest SSB 2014 QSLカード到着しました

Laos去年から始めたDX ContestでCQWW SSBは2回目の参加です、英語が殆ど話せないCQも全然慣れていないため今回も呼び専門での参加です

48時間の長丁場だし夜間交信のための環境無しのため(40mは国内専用になっています、耳の良いNA局程度なら何とか拾って貰えますが)、92局程度になってしまいました

Newは7個まで頑張ったつもりですがクリスマスロストとかあって、上手くゆかないでも多々ありました。

そんな中仕事の休みを取った月曜日の朝突然聞こえてきたXW1IC laosとの交信ができました、土日は聞こえていたが全然届かずなのか他ja局などに押しつぶされていたのかってとこなんですが、この時は15mでCQを出し始めたときだったので無事捕まえることができました(zone:22インドは未だに取って貰えません)

その後Clublogで確認・LoTWでのcfmとなり、QRZ.comからClublogのOQRSでカード請求・土曜日に到着となりました(1週間ほどなので速かったなぁ)

Zo発送元はThailandからで象のイラスト切手でこれまた楽しいものです(Thailandは別局にDirectしているのに届いていないしcfmしていないのが気になる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンテストに向けてアンテナ調整

AntDXCCのためもあってワイヤーDPの向きをあっちに向けられるとか、こっちにすればEUに行くかとか考えているのですが自宅と言ってもタワーを建てているわけでも無いので、なかなか上手く行きません

しかしCQWW/JIDX/ARRL10mと続くコンテストのために、15mをEUと少し南米向きに調整することとしました(東EUになりますね、ARRL10mの時は10m用をアメリカ・メキシコ方面に向け直す予定です)

自宅の後ろは田んぼです、ハイっ15m片翼とそれに繋いであるロープを木の杭に縛り付けて「うぅん」と差し込んで手動ローテーション完了

インバーデットがかなり鋭角になっているように見えますが、これでもフルサイズだと何とかなるんですよ。少し低く21.1Mhz付近でSWR1.2程度ですが帯域が広いため、21.4MHz付近でも問題ありません

当然農閑期の10月から2月末(3月はトラクターで平すので)までの期間限定ですが、調整可能です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »