« 大人の休日倶楽部パス、一ノ関駅に向かいます | トップページ | 達谷窟毘沙門堂、姫待不動堂 »

平泉観光、達谷窟毘沙門堂に向かいます

Tk2駅前のホテルサンルート一関を利用しました茨城より暖かい状態で着るものには気を遣います、あまり着込むと暑くなったり動きにくいので、リュックも邪魔だし

先ずは達谷窟に行く計画のためタクシーを利用します、運ちゃんに観光なのですが・・と問い合わせると、何故か後ろのタクシーに・・というニュアンスの話し(色々あるようだ、一ノ関タクシーを電話予約する予定でいたが、前日は忘れていて当日は8:30頃で受付始まっていない状態)

後ろに移動し一ノ関駅→達谷窟→毛越寺→中尊寺のルート3時間ということにします、1万5-6千円と言ってたかな(巌美渓は真冬だったためパスとさせて頂きました)

雪が少ないと言ってもそれは街中の事でそこから外れると、路肩と田んぼには雪が溜まっていますただ前日とかに雨があったとかで溶けて丸くなっていたり道路歩道には雪の無い状態

Tk1シャーベット状に押し固められた雪道を期待したのだが、そんな景色はそれ程無い状態かなぁ

で達谷窟毘沙門堂です、今回はこの撮影のためわざわざ魚眼(AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED)を持参しました(朱塗りと雪はやっぱり良いな)

ある程度の広さとか高さがある場所だとこのレンズにかなり収まってくれるため気に入っています、両端は派手に湾曲するため視野率100%では無いD90だと見切れるため調整が難しい点はある

|

« 大人の休日倶楽部パス、一ノ関駅に向かいます | トップページ | 達谷窟毘沙門堂、姫待不動堂 »

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56760/59018390

この記事へのトラックバック一覧です: 平泉観光、達谷窟毘沙門堂に向かいます:

« 大人の休日倶楽部パス、一ノ関駅に向かいます | トップページ | 達谷窟毘沙門堂、姫待不動堂 »