« LoTW登録がおかしくなった | トップページ | 2013年10月分QSLカード到着しました »

CQ World Wide DX Contest 2013統計を取ってみました

Cqww1初めてのContestだった事もあり交信相手のログ提出とか参加カテゴリ参加者数など気になっていました

Homeを見てみるとログ提出者・参加カテゴリ一覧が確認できる場所があってこの4-5日ちょこちょこ確認をしていました

月曜日時点で確か40-50%(前年比)の提出状態で、週末になると7,000局以上の提出・89%(前年比)になっています

そうするとどのentityなのかとか分類情報も確認したいなぁと思い、頑張ってデータ加工のperlプログラムとNumbers(Excel)集計を作成してみました(コールサインからentityを展開するためにperlの正規表現一覧を作成したが滅茶苦茶大変でした、変換率は99%以上ですが当然間違いもある)

この画像がその一部でこれから見ると、ASは全体の11%しかありませんEUが一番多く52%もあります。
つまりPointを上げたいならEUまたはNAを狙うと言う事でもその分距離が発生してしまうと言う事になるかな

時間帯によってはあれほど聞こえていたChinaは15番目の数でしかありません、それならば近い方のOCを探す方が良いのかも知れない

カテゴリのバンドなどでも絞り込みは可能なので、ALLとは別になってしまうので確実な判断はできないが狙う場所によっては違いも出ている・・良いかも

ちなみにAFは全体の0.4% 27局しかありません、遠いと言うのもあるけどこれだとかなりの設備でないと捕まえられないですねぇ(一番多いAFはSouth Africaです)

|

« LoTW登録がおかしくなった | トップページ | 2013年10月分QSLカード到着しました »

Mac」カテゴリの記事

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CQ World Wide DX Contest 2013統計を取ってみました:

« LoTW登録がおかしくなった | トップページ | 2013年10月分QSLカード到着しました »