« QSLカード到着 | トップページ | eQSLログアップロード用ADIFファイル作成ツール »

冬が来る前にアンテナ調整

Nuko冬を迎える前にアンテナ調整をしようと考えてました

特に21MhzのSWRが高いためなのですが、これはちょうどアンテナのセンターの下が倉庫でプラの波板なのですがそれの影響があるようでした

試しに松の木のから乾燥機に引いている東電の200V電柱の上部付近まで引き上げてみました、あまり変わりませんしかし5mから8m程度まで高さが取れたので喜んで、無線機の電源を入れると何かノイズが強い

何かS7位まで振っているように思える、信号は強くなったがこれでは駄目だやはり7Mhzのアンテナ先と電柱の間が20cmになってしまったのが問題のようだ、しかも何故かこの電柱はコンクリのはずなのに金属板が巻き付けてある、これが余計駄目な点だろう

その後向きを90度変えてALINCO製の三脚(1.7m)をポール替わりにして引っ張ってみると、21MHzはSWR1.5のカタログ値になる、でもこれだと高さ不足で7MHzはあまり良くない

で仕方なく元の松の木に戻す結果となる、上手く行かないなぁ。その後コメットSB7などを引っ張り出して144MHz SSBを探すも誰もいない、FMは少し入ってきたのですがそれに猫が食いついて・・

|

« QSLカード到着 | トップページ | eQSLログアップロード用ADIFファイル作成ツール »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬が来る前にアンテナ調整:

« QSLカード到着 | トップページ | eQSLログアップロード用ADIFファイル作成ツール »