« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月の9件の記事

Aetherの導入

Aetherアマチュア無線交信ログ管理はNumbers(表計算ソフト)で行っていたのですが、CQ WW Contestで使用するログはカブリロログファイル(Cabrillo format)というものです

eQSL.ccにアップロードするときに使用するAmateur Data lnterchange Format (ADIF)Specification程度であればテキストをperlで加工するなど簡単なのですが、このCabrilloのQSO部分がどうも固定長フォーマットのようです

ADIFはhtmlタグとかxml形式に似ていてタグで囲んだり/始めれば良いというもの比べ非常に扱い難いものです、頑張れば作れるのですが面倒なので悩んでいたMac OS X用のログソフトを導入する事としました

MacLogger DXというかなり有名なものはあるのですが、JSTでの入力が良く判らないCabrilloの作成はできるようだけど別モジュールなのかちょっと使ったところで良く判らずでした

AetherはimportとしてCSV/ADIFなどが利用できる、Numbers管理→Text→perl→ADIF→Aetherという流れで取り込みで来ました

今のところDX関連の管理とコンテストログ作成に利用しようと思っています、CQ WW Contestログ作成はこれを利用、Aether→Cabrillo Ver2対応でした


| | コメント (0) | トラックバック (0)

CQ World Wide DX Contestの参加

Cqww10/26(土)9:00〜28(月)9:00までCQ World Wide DX Contestですが、UTCとのズレもあって普通の会社員は日曜の夜までです

まだ時間はあるのですが今回の参加はCATEGORY: SINGLE-OP-ASSISTED 15M LOWのためもあって、早めに切り上げてログを作成し提出してしまいました

WebサイトにあるログチェックではLOCATION:のエラーとなってしまい進めない?(LocationはUSAなどの場合のはず)、このためメールで送信としました

一応ロボットからのメールにはワーニングとかエラーが見当たらないので大丈夫かな、Logs Received - SSBにも上記のように自分のコールサインがありました

今回このコンテストは当然始めてで貧弱なアンテナシステムであったので、呼ぶだけしかも土曜日は温泉に行ったり、日曜は1周忌とかで9:00〜13:00の時間帯がすっぽり抜けてしまいました

交信数は40程度です思い切り少ないです、ポイントはMac OS X環境のため計算するツールが無く判りません(単純計算だと3000位かも、最下位でも良いです。ログ出さないと交信相手に迷惑をかけますので・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

封書用の秤を購入

Hakariアナログの料理用の秤はあったのですが、10g〜20gとかのAIR MAIL(国際航空便)に利用するには少しアバウトになってしまうので、デジタル表示の秤などを購入してみました

郵便用秤で検索するとクッキング用のものも出てきます、でこのタニタ製KD-187WH デジタルクッキングスケールとしました

薄いので本棚に置いても邪魔にならない・・と思ったけど当然デジタルなので電源が必要、単4電池2本ということで省エネでは無いです

このくらいならソーラーでも良いとは思うのですが、そうすると価格が上がってしまうよなぁ。

今回の購入は楽天ポイントでの購入だしぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AJDアワード(7MHz SSB QRP)

AjdFT-817ND+ZA-721Hで今年からHFを始め3ヶ月ほどでAJDの10エリアは完成しQSLカード待ち状態でした

カードは8月分で完成はしていたのですが申請準備とか、その他を纏めて(WAJAとかJCCなど)しようかなぁとか考えていてそのままほったらかし状態でした

でもまぁ今年分の実績だからという事でNumbersログを纏めて、申請ログを作成しExcel出力で変換・Webからの申請としました(最初PDFで良いと思っていたら、これはMailでの提出の場合でした)

申請時に送金は郵便振替としゆうちょダイレクト(Web)から送金しようとすると、受付番号10桁に英数字が入っているため入力できないという問題が発生

どうしよう平日にはなかなか郵便局ATMには行けないし、そのためにゆうちょダイレクト使えるようにしてたのにこれからの申請でもまた面倒だし・・Mailで確認してみるか

夜に受付番号は数字のみで良いか、それとも全く駄目?というMailをすると翌日には数字のみでも良いとの回答、速い・しかももうアワードチェックなどは完了し送付準備だとか

良かったと思っていたら申請後2日で到着となりました、特記はFT-817NDだったため7MHz SSB QRPとなりました

次は今月(10月)は関東のQSL配送月、WAJA 7MHz残りの大阪 沖縄(21MHzが来ているが) 鳥取分が来れば申請可能です


| | コメント (0) | トラックバック (0)

国際返信切手券を求める

Irc体調が良くなく会社を休んだのだが母が病院に行きたいというので、仕方なく出かける事とした。

証券会社に書類提出用に住民票が必要なこと、LoTWユーザ登録のための国際郵便それから国際返信切手券(IRC)の購入です

国際郵便(Air Mail)はその辺の郵便局で問題なく処理できたのですが(¥110円、宛先などはシールでは無くプリンタで印刷としました、ラベル貼るより軽くなる)、国際返信切手券は2店舗で確認したが無いとのこと

自分の住所は一応市なのですが・・で近場を確認して貰うが那珂市郵便局に1枚だけ有りだとか、それ以外だと水戸かなぁという話し

会社休んでるのに水戸まで片道30kmというのも辛い、しかも駅前付近のため駐車場の問題もあるどうしようか悩んで結局会社付近のひたちなか郵便局まで行ってみることとした

窓口で国際返信切手券を求めると、切手が入っているプラスチック製の棚から出して来たのであるのかと思ったら、捺印のあるチェックシートで金庫から出してくるとか

暫く待って枚数6枚ほど・・としたのだが結局在庫は5枚窓口でスタンプを押して貰い購入となる(スタンプはしっかり押さないと駄目だとか話していて、体重をかけて押していました)

取り敢えずEUへのダイレクトQSL請求数回分は確保できたけれど、田舎ではなかなか大変だぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Online QSL Request Service (OQRS)

Oqrs Oceania DX Contest(SSB)で交信したEast MalaysiaのQSL請求のためOQRSでの依頼を行いました

DX関連のQSL送付・請求はQRZ.comで調査すると言うことが判り、9M6XROを調べるとOnline QSL Request Service (OQRS)で請求できます・・とのこと、翻訳して調べたりこの辺をググるとそこそこ情報があってPayPalを使用しての送金で可能だとか

QSLは要らないからPayPal支払い請求でDirectに送るよってこと(BUREAU経由もありましたが、最初の紙QSL請求のため速い・確実を選んでしまいました)

申請の途中でログ情報の入力・マッチング確認ができるので、交信したつもりというのが無くて安心

ただコンテストであったためCallSign枝情報までは判らなかったので、別途ログサーチをして確認入力としました。入力は7画面程度遷移します送付先の住所入力があってその後PayPalでの支払い、2€ということらしい

支払い途中でAdd...アンカーを押して更新ログとかCallSiginを入れるとかいうことも、ネットにあったため確実に実行し、PayPalからはMailでの確認・報告と進みました

さてイギリスからのMailはどのくらいで届くのだろうか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LoTW登録作業

Lotw1Lotw2手作りADIFファイル作成ツール(言語perl)で、eQSLへのログアップロードが上手く行ったので本命のLoTWへの登録をしてみました(但し書類送付はこれからなので作業中ではあります)

Mac OS Xのため普通とは違いダウンロードしてファイルをダブルクリックでmount状態になり、その中のTrustedQSLを[アマチュア無線]というフォルダに入れてtqslcert.appクリックすると変なエラーが出てきました

色々悩みmount側のtqslcert.appをクリックでWindows版と同様のダイアログが出てくる、そっか漢字などのフォルダーでは駄目なのか

certなので実行している環境から暗号キーファイルを作成するため、この辺で引っかかるようです(仕事でSSL証明書作成などもしているため解明できたけど・・ちょっと悩むわ)

さて封筒など用意して30年ぶりに海外郵便を出さないといけないのか、QSLダイレクト送付したいのもあるのでちょうど良いかな(20年前にGuamに行ったときのGSも残っているし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eQSLログアップロード用ADIFファイル作成ツール

Eqsl2Eqsl1Mac OS XのNumbersでのログ管理を行っている、そうOS X用のアマチュア無線ログ管理ソフトはあるのですがUTCだったりしてイマイチ使いにくいのです

そうはいってもeQSLのログ登録をいつまでも手作業で行うわけにも行かず(しかもJST→UTC変換も必要、セルでの計算とはしているが)と悩んでいました

Windowsプログラムなどを作るのはプロとしても非常に大変なこと、でもExcelログなどをCSVにしたものとかテキストCopy貼り付けしたログを、perlなどの簡易言語で加工するのはお手の物(商売ですから)

しかもOS Xは標準でperlが使えるので、仕事では無いが頑張ってプログラミングしました

ADIFファイルフォーマットをネットで調べて例を元に、テキストファイルを生成するロジックです。書式的にはXMLに近いというかhtmlタグのようなものですから2,3時間でデバッグまで完了

試しに数件eQSLにアップロードすると正常に登録することができました

続きを読む "eQSLログアップロード用ADIFファイル作成ツール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬が来る前にアンテナ調整

Nuko冬を迎える前にアンテナ調整をしようと考えてました

特に21MhzのSWRが高いためなのですが、これはちょうどアンテナのセンターの下が倉庫でプラの波板なのですがそれの影響があるようでした

試しに松の木のから乾燥機に引いている東電の200V電柱の上部付近まで引き上げてみました、あまり変わりませんしかし5mから8m程度まで高さが取れたので喜んで、無線機の電源を入れると何かノイズが強い

何かS7位まで振っているように思える、信号は強くなったがこれでは駄目だやはり7Mhzのアンテナ先と電柱の間が20cmになってしまったのが問題のようだ、しかも何故かこの電柱はコンクリのはずなのに金属板が巻き付けてある、これが余計駄目な点だろう

その後向きを90度変えてALINCO製の三脚(1.7m)をポール替わりにして引っ張ってみると、21MHzはSWR1.5のカタログ値になる、でもこれだと高さ不足で7MHzはあまり良くない

で仕方なく元の松の木に戻す結果となる、上手く行かないなぁ。その後コメットSB7などを引っ張り出して144MHz SSBを探すも誰もいない、FMは少し入ってきたのですがそれに猫が食いついて・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »