« LOG BOOKをどうするか | トップページ | フルサイズのアンテナってやはり飛びが違うのだろうか、続き »

フルサイズのアンテナってやはり飛びが違うのだろうか

721hZA-721H(21MHz用 6.3m+ヒゲ+7MHz用 短縮コイル+5m)を使用しています、購入理由はブログで見つけた記事に21MHzはゆったり気味でいいとかいう内容だったと思います、ただそれだと1種類だけになる幾つかバンドがあるんだからと当然考えブロードバンドアンテナにも目がいったけど、あれは飛ばない聞こえないって某掲示板にあったりで。

ワイヤーなら農機具用の倉庫から引けると考えてたまたま見つけたツェップ型を購入したという流れです

丁度12月だったため上げても21は聞こえないという状態、それが判ったというか理解できたのは2週間後、仕方ないので自分的にはおまけと考えていた7MHzでの利用交信をしていました。

アンテナ高さ不足などもあってSWRが上手く下がっていないことが原因かとかも悩む

昼間は移動運用が多いパワー競争とパイルに揉まれFT-817NDで3ヶ月ほど頑張るが、ここの混み方は凄く疲れるけど144 430はスカスカなのでヤッパリ7での運用しかないかぁという状態、wajaのためもあってTS-480の購入という流れになってしまう。

TS-480の追加申請完了後すぐ沖縄との交信がアッサリ実現、その後宮崎 島根の交信でwaja完了でした

4月末からGWの長期連休もあって7を頑張ったりしつつ、アンテナを少し倉庫から離したりの微調整でも21はSWR2.5以上のままでまた諦める、でも何か21が聞こえてくるJR6あれっ沖縄じゃんコールで取ってもらえた59-59良いのかなぁ・・・・続く

|

« LOG BOOKをどうするか | トップページ | フルサイズのアンテナってやはり飛びが違うのだろうか、続き »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フルサイズのアンテナってやはり飛びが違うのだろうか:

« LOG BOOKをどうするか | トップページ | フルサイズのアンテナってやはり飛びが違うのだろうか、続き »