« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の29件の記事

仙山線、山寺駅に到着

Ytra1見上げるとまだ少し雪が降っているしかなり雪深い、当然ここで降りたのはちょっと寄ってみようという程度です

山寺の雰囲気だけでも味わっていこうという思いだけのため、駅ロッカーに荷物を預けることもせず一眼レフを抱えたまま駅舎をでて降りた人について行きました

滑る靴で赤い橋を渡り(歩道部分は雪で通れず、車道部分を歩いてしまう)少し上り坂になっている道を登山口に向かう

途中神社の鳥居が見えたりして入り口かと思うと、地元の人が「そこは神社だから」と教えてくれる・・トボトボ雪道を歩き登山口・山門にたどり着くってどのくらいあるんだろ


続きを読む "仙山線、山寺駅に到着"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形駅、左沢線の車輌など撮ってみました

Yamagata1大人の休日倶楽部パス指定無してつばさに乗ってしまい、山形駅までやってきました

ここは自動改札があって、自分は指定無しだったのですが大人の休日倶楽部パスを入れてみると問題なく通過できて在来線のホームに向かう事ができました

ここからは仙山線で山寺経由仙台駅まで移動する予定です、ホーム奥にはキハ110の色違いかな左沢線の車輌が暖気停車してありました

仙山線もこのホームからの発車のため、少しここで撮影などして時間調整です


| | コメント (0) | トラックバック (0)

米坂線米沢駅に到着しました

Kh110今泉駅から乗車したときはまだ雪が降っていたのですが、米沢駅に近づくにつれ止んでしまったようです、ただ天気予報では山形付近は雪マークがあるためこれからのルートでも、足元と雪風に注意が必要なのは続いてしまいます

さて米沢〜赤湯〜長井〜今泉〜米沢と戻ってきた理由は、昼飯で米沢牛でも食べてみようかなと思ったからです

そうは言ってもあまり調べていないので駅西口改札を出で、駅ロータリー付近にあったお店で¥2,300のステーキセットなどがあったので注文、パクついたのですが今一感動がない

柔らかさと言うか脂身と筋がどうも自分には合ってくれませんでした、仕方ない先に進むこととしよう

駅に向かうとミニ新幹線のつばさが入ってきていたので、大人の休日倶楽部パスでそのまま乗車自由席を探して歩くが無い・・しまった全指定だったのか、車掌がいたのでパスを見せて自由席無しを確認すると、空いているところに座って下さいとのこと

助かった結構空いているし、大人の休日倶楽部パス(この時点で指定発行残3個)だったからかな


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今泉駅で山形鉄道から、米坂線へ乗り換えます

Imizmi1今泉駅で山形鉄道フラワー長井線から、米坂線へ乗り換えます

ここも雪が凄い状態なっていて乗り換えのため跨線橋を渡ると、山形鉄道側は長途赤湯方面に向かって出発するところ窓があったのでこっそり開けて上からの撮影することができました

今回大人の休日倶楽部パスの撮影で1番気に入ったカットになってくれました、右側の雪の固まりはホーム屋根に積もった雪です


続きを読む "今泉駅で山形鉄道から、米坂線へ乗り換えます"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形鉄道、長井駅から今泉駅に向かいます

Modori1長井駅発10:43で今泉駅までそこから米坂線で米沢駅に向かうこととしました

改札を抜け線路をひとつ渡り島型のホームに向かうのですが、途中はこのように雪の壁になっていてかなりわくわく状態になってます

木製のホーム屋根も耐雪ようにか筋交いがこれでもかっと言うように入っている、屋根の上でも50-60cmは積もってしまっているのかな

左側の倉庫の中には排モーターカーのようなものが入っていたかと思います


続きを読む "山形鉄道、長井駅から今泉駅に向かいます"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形鉄道、長井駅改札と硬券切符の購入など

Kaisatsu1山形鉄道というと僕はこのスイングガールを思い出します、シーン的にはバスに乗れず雪深い中をこのディーゼルの列車で発表会に向かうという事だったかと。

列車内とかこの改札にもその時のポスターなどがありましたが、隣のドラマは残念ながら知りません

Kp1ストーブの効いた待合室・畳敷きもあるところでそば屋のおばさんと少し立ち話など、久し振りに人情を感じた空間でもある。

赤湯駅では入場券の購入が時間外でできなかったため、ここで矢印式の乗車券と入場券を購入しました

あやめ公園までが最低料金だったと調べたのですが丁度切符は切れてしまっていたようで、手書きの補充券になってしまうようで、代わりに時庭←長井→羽前成田を購入してみました、手書きでも良かったかなぁ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形鉄道、長井駅駅舎

Sta1タクシーがポツンと1台いる程度エンジンがかかっていたようですが、運ちゃんはいませんでした

駅ロータリー周辺は除雪用のスプリンクラーのため、歩くところと水が流れたところは雪がない状態になっていて歩くことは全然問題ないのですが、スニーカーなどだと蒔かれた水がかかって濡れてしまう

自分は水の間を見ながら足を進めるっとしてましたが、こういう時あぁやはり長靴とかが必須なんだろうなぁと感じていました

駅に向かう途中にあるお店の前も雪溜まりになっているので、当然雪かきなどもしていました皆で少しずつ綺麗にして行くという感じですか

続きを読む "山形鉄道、長井駅駅舎"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形鉄道、長井駅に到着

Naga1赤湯駅から30分程で長井駅に到着しました、後追いで撮影してみると前方に踏切があるのですが道路なのか通路なのか訳が分からない状態になっています

雪は少し舞っている程度だったのですが、慣れていない自分はコートのフードをたてて風を避けながらの撮影となる

そして列車が通り過ぎて踏切が止むと、音が雪に吸収されて街中なのに妙に静かな状態になっていくようです

続きを読む "山形鉄道、長井駅に到着"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形鉄道、車輌からE3系つばさを眺めてました

Yamaf4発車待ち中に外を眺めていると、E3系つばさが雪をまき散らしながら発車して行きました、こういう景色はとても気に入ります

運転席の後ろにはぴーたー もっちぃ てんの実物の写真がステッカーのように貼り付けてある、その他トイレの所にはもっちぃのイラストステッカーなど結構賑やかにしてあります

Yamaf5今回運転士から購入した土・日フリーきっぷはこういうデザインで、何となく手作り感があります(列車の写真が拡大しすぎてぼけた感じ)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形鉄道、YR-880形もっちぃ

Yamaf1こんな雪のシーズンに雪国に来たことがないので、降り積もった雪の多さと高さに感動したり、線路内の雪の量に驚いたりこれで走れるんだなぁっとまたまた感動してました

土曜休日のため降車した人は当然少なめ、出発まで自分も空き時間が1時間程度あったため温かい車内のベンチシート(車輌はクロスシート仕様でした)に座りぼーっと待つだけ。

時間近くなるとそれでもクロスに1人または2人ベンチシートに数人と乗ってくるような状態、同業者は見あたらなかったけれど携帯などで撮影しているおじさんがいたりします

続きを読む "山形鉄道、YR-880形もっちぃ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形鉄道、赤湯駅に到着

Aka1先ずはJR側から西側に向かって進むと、山形鉄道赤湯駅舎がありました。

でここを出て雪国を再度痛感する事となる、まず歩く場所が判りにくいきちんと通路にはなっているのだが色が当然真っ白なので行き着けるのかそれとも削ってあるだけなのかなどが判らない

綺麗に白くなっていると思うとそこは一般道で自動車などが入ってくる、当然歩くのは良くない、駅前ですらこんな状況だからこれを外れると部外者には訳が分からない状態に陥ってしまう

まぁそれはそれで面白いのだけど・・・


続きを読む "山形鉄道、赤湯駅に到着"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米沢駅から赤湯に向かいます

Red101/14(土)天気は雪です(小雪程度ですが)、やってきた折り返しの奥羽本線719系はやはり雪だるまのような感じでした

そういえばこの路線は、線路の幅が標準軌だったんですね、調べるまで気が付きませんでした、雪で良く見えないし

関東民(北関東)のため朝の寒さは結構大丈夫なのですが、風があったりするとやはり辛いです、この日は風はなく気温もマイナス2℃程度のため結構何とかなってくれました

持参したホッカイロなども使用せず(まあ重いカメラが入ったリュックを背負っての移動のため、少しは暖かくはなります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米沢駅、米坂線の様子です

Yonesakaline1前日米沢駅に到着したときにも一応この米坂線の辺りの撮影をしてみましたが、やはり雪が凄い状態と言うのを痛感してホテルに向かいました

翌朝雪かきのトレーラーか何かの音に目覚めて、朝食を済ませて駅に向かう。ゴアテックスのスニーカーだったのですがかかとが滑ってしまい苦労します(これからもっと厳しいのだろうか)

この日の予定は当初、米沢〜今泉(山形鉄道)〜長井〜(今泉)〜赤湯と考えていたのですが、朝07時29分となってしまうため、ホテルの朝食が07時からのため米沢〜赤湯(山形鉄道)〜長井〜(今泉)〜米沢駅戻り(昼飯)のルートに変更しました

米坂線のホームではキハE120(べにばな)の雪落としなのだろうか、運転士と整備員が何かやっているようでした

Zoomしてみるとガムテープを切って貼っているようなのですが、何だろう


| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人の休日倶楽部パス、山形遠征してみます

Yonezawa101/13(金)会社を定時速攻で出て社内通勤バスで勝田駅に向かう、去年の大人の休日倶楽部パスでは長岡・新潟だったのですが今回はスーパーひたちで上野駅〜米沢駅(つばさ)まで移動としました

東北新幹線区間の最高速度は246km/h、山形新幹線区間の最高速度は133km/hを記録しました

つばさは2+2指定席となり視覚的にもゆったりという感じです、しかも足元にはAC100V 2A 50Hzのコンセント付き、東北新幹線はやては長距離なのに付いていないのでこれはポイント高いと思います(但し2Aのためなかなか充電が完了しなかった)

福島から分かれて山沿いに入りトンネルを抜けると、妙に白っぽい夜の景色で雪だと気づくただ量と高さなどが全然判らない状態で米沢駅に到着22時を過ぎていました(雪の中を朝から移動したいと思い、夜現地入りとしました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウディの御年賀色々貰いました

Audi2Audi101/09(月) 3連休の最終日そういえばディーラーから葉書が来ていたことを思い出して年賀の挨拶と、カレンダーでも貰ってこようと出かけてきました

当日午前中に着営業とか店長に挨拶とアウディA1の状態説明など、年末にオイルの補充をしたので特に問題はありません(停車中でエンジンが掛かっているときビビり音がする程度、たまにです)

福引きなどもあって4等の福袋とかで写真のジャケットなどを貰いました、会社での防寒着になりそうです

その後なでしこJAPANのタオルが入った袋も持ってきてくれて結構なお土産になってくれました(今年は景気よくくれたなぁ)

A1は2月末で丁度1年経過20,000kmの走行になりそうです、タイヤはあまり保たないようです今度は柔らかめのものを物色しようと思います


| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18きっぷ、結果報告

18end1回(人)赤塚駅、赤塚〜馬橋駅(流鉄)往復
2回(人)鹿島神宮駅、水戸(鹿島臨海鉄道)〜鹿島神宮〜銚子(銚子電鉄)〜錦糸町駅(泊まり)(東京スカイツリー)
3回(人)恵比寿駅、(東京急行)恵比寿〜新橋(ゆりかもめ)〜水戸駅(帰宅、元本割れ)
4回(人)友部駅、瓜連〜友部〜下館(真岡鉄道・真岡駅)往復(元本割れ)
5回(人)宇都宮、宇都宮〜日光駅往復(元本割れ)

今回はJRから私鉄・3セクへの乗車を考えての行程だったのですが、なんとか¥11,500円分乗車した程度になってしまいました

それ以外はスタンプの駅・路線をバラバラにした程度です(友部は水戸線と見て下さい)、あかつか・かしまじんぐう・うえの・とか、しりとりにしようとかも思ったのですが挫けました

次は2012春が02/20発売開始? 03/01スタートかな、筒石駅に赤常備券でも買いに行こうと考えています(また廃止ネタが飛び交っているけど大丈夫だよね)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

東武日光駅にも寄ってみました

Tobu1日光駅からだと少し坂を上った先にあるのが、東武日光駅でこちらは1〜4番線まであり発車待ちの各停・区間快速が停車中、スペーシアはいなかったけど。

電車が停車する度に結構な人の流れができる、JRとは違ってこっちの方を普通に使っているような感じがします

都内からだと宇都宮線経由とかの乗り換えで、結構不便なのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18きっぷ5回目、日光駅まで行ってきました

Nikko1たまに撮影に行く烏山線の滝駅付近の駐車場(駅利用者用で無料、または観光地の駐車場)に車を駐めて、烏山線経由・宇都宮・日光駅というルートを考えたのですが、烏山線は1時間から1時間半に1本のため上手く時間調整できず

そのままウロウロ走って宇都宮駅まできてしまいました、駅付近の高い駐車場に駐めて(Max ¥1,500)電車では行ったことのない日光線・日光駅に向かうこととしました

いつものように有人改札で5回目と言ってきっぷを出すと、「どうぞ」という全然チェックしていない、その後立ち止まっているのに気づいたのか慌てて5回目のスタンプを押す。確認いい加減だぁ

まぁそういうことで日光線に乗ったのだが、当然観光路線で乗車人数も多くベンチシートは結構へたった状態でしたね

冬場の停車中は手動ドア扱いになるようです、結構古い車輌のせいなのか開閉ボタンは付いていません

続きを読む "青春18きっぷ5回目、日光駅まで行ってきました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひたちなか海浜鉄道、少し硬券乗車券の収集など

M3勝田〜那珂湊駅まではJR勝田駅の自動券売機で購入して自動改札を通り、那珂湊〜勝田駅は券売機で購入して勝田駅の自動改札から出ることとなりました

何れも勝田駅の自動改札を使うため磁気券になっているようです(今まではフリーきっぷだったので有人改札を利用、今一判っていないということもあり)

M1M2さて那珂湊駅まできたのは少し硬券の収集などをしてみようという事もあって、取り敢えず平磯までの往復乗車券と入場券を購入しました


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひたちなか海浜鉄道、那珂湊駅まで出かけました

M0001/02(月)勝田駅まで大人の休日倶楽部パスを購入に出かけたついでに時間に余裕があったので、久し振りにひたちなか海浜鉄道に乗ってきました

近場にあるのですがなかなか乗車機会に恵まれないというか、勝田に来るのは仕事とか旅行の出発点なのでなかなか足を運ぶという事にはなっていません

この日はアニマルラッピングの3710に乗車ロングシートで、やはりキハ20形などに比べるとビビり音などもなく結構静かに走ってくれてました

写真は綺麗になってたトイレ付近にあった古い駅看板と見切れてしまった観光案内で、特に案内の擦れた文字と縦書きの距離が味があったので撮ってみました

続きを読む "ひたちなか海浜鉄道、那珂湊駅まで出かけました"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

大人の休日倶楽部パス、東日本・北陸購入しました

Nenga1Nenga201/12(木)〜01/24(火)まで(連続する4日間)大人の休日倶楽部パスが利用できる期間で、今回は東日本・北陸を購入しました(去年までは函館が入っていたのですが、JR北海道全線5日間のものになってしまいました)

今回はまだ乗っていない山形新幹線つばさで、冬の米沢・山形鉄道・仙台付近に出かける予定でいます

時間日程的には米沢〜新庄〜秋田〜由利本荘(由利高原鉄道)〜秋田〜角館(秋田内陸鉄道)というルートも有りなのですが、冬場は雪・風の影響でこの前のあけぼののようにハマってしまっては非常にマズいので山形鉄道と米坂線に絞ることとします

それで01/02(月)券売機でパスを購入しえきねっとで予約してあった指定券を受け取ると、写真の御年賀を貰いました

券売機での購入は熱転写マルスのためです、中身は何かと思ったらメモ帳・ボールペン付き意外としっかりしたものなのでこれまたビックリしました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真岡鉄道、真岡駅に到着しました

Moka11下館駅から20分程度で真岡駅に到着します、立派な駅舎だし改札口はあるのですが、車内精算で運転手が乗車券の回収までしていました

このため記念に貰おうという気分にもなりませんでした(意外に気弱なため面倒をかけてしまうのはと考えてしまう)

今回は当てとか目的があったわけではなく、どちらかというと18きっぷの消化の部類それからいつもはただ茂木辺りで撮影しているだけなので反対側の下館まで行って乗車してみようという思いだけでした

続きを読む "真岡鉄道、真岡駅に到着しました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下館駅真岡鉄道に乗車します

Moka1下館駅の真岡鉄道はJRの管理となっているため、乗車券の購入は改札を出ないといけないようです

ワンマンなので現金精算もできるようですがそれでは味気ないので、18きっぷで改札を出てJRと共有になっている券売機で真岡駅までの乗車券を購入(¥530割と高めだと思う)し自動改札を抜けてこのホームまでやってきましたMoka13

目玉になっているSL真岡の看板はいくつかありましたが、このスイカのようなデザインのモオカ14形、両運転台と長いベンチシートそしてワンマン運転が普通です


| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18きっぷ4回目、下館駅関東鉄道撮影に行ってきました

Kant1やっと冬休みというか正月休みになった事もあり、近場の水郡線瓜連駅前に駐車してそこから水戸・友部経由で下館駅まで行ってきました

12/31(土)年末の帰宅なのかそれとも旅行なのか瓜連駅から10人程の乗車で少しビックリ、ここは委託駅のため18きっぷの入鋏はせず「車掌に貰って下さい」ということでした

しかし水郡線内・水戸線内ではたまたまか車掌が来なかったので、仕方なく友部駅で待ちの間に改札でスタンプを貰うこととなる、青い18きっぷスタンプ欄が2段になっているためスタンプと一緒に穴が空いてしまいました

さて下館駅に来たのは関東鉄道と真岡鉄道があるからでして、今回はSL真岡が走っていないにもかかわらずまだ乗ったことがなかったこともあって真岡駅までの往復としてみます

で列車待ちをしていると関東鉄道の方に、キハ100形のツートンカラーがやってきたので真岡のホーム付近から撮影をしてみました(このカラーリングは落ち着いていて良い感じでした)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

SEIKO鉄道時計を購入してみました

Tc携帯とかiPhoneを時計代わりとして使い始めてから、腕時計を殆ど使わなくなりました(4-5年くらいだろうか)

理由は手持ちが多いのもうざい感じがするのと意外に手首に巻いているのも邪魔に思えてくる、時間は何処でも判るから

それから服の袖口が痛むというのもあります(特に冬場のセーターなど)、そうは言ってもiPhoneなどはバッテリーが無くなるなどの問題もあって旅行の時にはG'ショック電波ソーラー時計アナログ針を使うようにしています

そんな状態でたまたまネットを見ていると鉄道時計なるものが、まだ生産している価格も定価¥21,000円(Viewカードポイントだと7,500で交換可能ではある)

ポイントを貯めるより買った方が良いかなと思い楽天とか、Amazonを探すと¥16,000円/アマゾンだったのでここで購入としました

クオーツのため電池なのですがカタログでは10年持つとのこと、アラビア数字で大きく見やすいメンテナンスフリーこんなの付けていてもおかしくない歳だし、さて次の18きっぷ移動時はこれを使うこととしよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18きっぷ3回目、恵比寿駅から帰宅します

Ykm2タイトルは青春18きっぷ3回目恵比寿駅なのですが、都内JR東では混んでいたりしてなかなか撮影できる気分にならずスルーのまま

途中山手線で新橋まで来たので撮影はしたことのない、ゆりかもめに乗車することにする。特に行き先があるわけでもなくビックサイトはイベントが無いので汐留駅まで乗車

乗車券を記念に貰いたかったがJRのように、有人改札があるわけでもなく諦める事となる(改札付近には案内のための人員はいるのだが・・)

後は上野駅に向かい常磐線の快速とか各停で、水戸駅まで2時間し少しの乗車で第2,3回の青春18きっぷは完了となりました(3回目は確か¥2210円で最低額¥2300円に届かない距離になってしまいます)

続きを読む "青春18きっぷ3回目、恵比寿駅から帰宅します"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京急行、二子玉川駅から大井町線に乗車

1093大井町線を待っていると新型の6600系が入ってきて、「あれっ特急なんだ」って感じで自由が丘は停まるだろうけど、九品仏駅の締め切りをまた見たくなり次の各停を待つこととしました

田園都市線沿線川崎市のアパートに住んでいたため、衣類などの買い物とかはこの二子玉川まで結構出向いていました

渋谷までは流石に田舎育ちの自分では行きにくい感じもあるし、まぁそれ程買い物があるわけではないので・・


続きを読む "東京急行、二子玉川駅から大井町線に乗車"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京急行、二子玉川駅に向かう

1091メトロ半蔵門線で押上から渋谷駅まで乗車(自分的にはやはり帝都高速度交通営団で、半蔵門駅から先はやはり馴染みがないものです)、田園都市線/新玉川線と半蔵門線は通勤で使っていました

にこたま駅も名前が変わってしまったのかな、ホーム屋根の巻き込んだ雨風避けも無かった気がするし玉川は懐かしいままだけどかなり洗練されたような、緑のカエルももいなくなってしまったしなぁ

1094110942渋谷駅で一端下車して東急トライアングルチケットなるものを購入してみます

田園都市線側で販売していそうな所を探すが、見あたらなく仕方ないので東横線の改札に向かい窓口での購入となりました

女子力を磨くとかう〜ん自分は購入対象外なのかも、二子玉川/自由が丘乗り換えで中目黒駅に1年ほど通勤していたので今回はこのルートを辿ってみようと思っただけなんですが。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

錦糸町駅付近から東京スカイツリーの朝

Tst21いつもは常磐線で帰宅するときまだ工事中のスカイツリーをみた程度、昨日の夜景も初めてだし朝の雰囲気も初めての撮影です

雲がでばってしまって真新しい塔のはずなのに、怪人二十面相でも出てきそうな何故かレトロな映画のワンシーンになってくれました

続きを読む "錦糸町駅付近から東京スカイツリーの朝"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »