« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の31件の記事

鉄道博物館にあけぼのヘッドマークのED75がいたので

Tpp11入り口でView Suicaに入場券のチャージをして改札を入る、連休なので子供連れが多いし一眼カメラなどを抱えたやつは場違いのような気もしたが少し撮影してきました

ED75にあけぼののヘッドマークを付けたのがいたので、先ずは撮影でもここにヘッドマーク付けると何か廃止になってしまうようであまり良い気持ちではないのは自分だけだろうか

まぁ2階にはヘッドマークなどが飾ってある部屋もあってそこには、北斗星もあったから気にしなくても良いのかな

センターにいたC57は良く判りませんまだSLにはあまり興味が薄いので・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉新都市交通、ニューシャトルで鉄博へ

Ms1秩父鉄道で熊谷駅そこから湘南新宿ラインで大宮駅に移動しました、当然久し振りに鉄道博物館にても行ってみようと思ったからです

2000系ステンレス車輌です、このニューシャトル全長も短く車輌も小さい網棚もない走りはゴムタイヤで結構静か遅いと思ったら直線に入りぐんぐん加速して行く結構速いかなって感じてしまう

でも結構乗車が多い、まぁ連休日で子供連れが多いからみんな同じ場所に行くようです

写真は大宮に戻ってきたとき後ろから撮ったのですが、ホームも狭くいつも持ち歩いているレンズでは収まりきれませんでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父鉄道、収集した乗車券

Ccbkp1御花畑駅で購入した御花畑〜往復〜三峰口乗車券、左右の地紋色が違うという優れものって事でしようがこのデザインが気に入って購入しようと足を運びました

購入時「日付 鋏入れますか」との事だったのでお願いすると、ダッチングと往復の切り離し用の鋏を入れてくれました(入鋏の事では無かった)

当然学生・仕事についた昭和50年代でも自分はお目にかかっていません

Ccbkp2御花畑〜樋口駅までの乗車券、駅名が入っている事金額式で無いことなどこれまた綺麗なデザインの乗車券です

そしてこれがネットで見かけていた準常備補充券(着駅記載のミス券)です

iPhoneで画像をだして「補充券はまだありますか」と確認すると「どちらまで」「全部で」と通じない回答をしてしまいましたが、マニアと判断されたのか耳付きで購入することができました

Ccbkp3裏側にはだいぶ経っているからかシミができていました、自分的にはそれもまた嬉しかったりもする

しかしこういう風に乗車券/切符を収集すると言うことは、当然定価購入でかなりの散財なると感じました

全部集めるとか全種類コンプリートするという感覚はないのですが、それでも千円単位で財布の中身が減って行く

国鉄分割民営化以前既に都内近郊に住んでいて/働いていたのだからもう少し興味を示せば良かったなぁと、今になって悔やんでもいます


| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父鉄道、樋口駅到着

Ccb21電車を降りて改札側を見てみると、石灰輸送の貨物が交換待ち状態で停車していました非常に幸運でした

そしてやっと撮影することができました、しかし信号機待ちのピンクシャツのおじさんが写ってしまい後で泣きそうになり

仕方なくApertureのレタッチ・クローン(Optionキーでクローン元を指定したあと、加工したい部分でグリグリすると元データで潰せます)で周りの色合い木々で目立たなく加工してあります

ここ樋口駅にわざわざ降りたのは、補充券がここだけ残っているらしいと言う情報があったからです


続きを読む "秩父鉄道、樋口駅到着"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父鉄道、5000系元都営地下鉄

Ccb11駅に着いた時間に到着したのは羽生行きの5000系、元都営地下鉄の車輌でこれは九段下などに通っていた頃乗った覚えがあります

この絵はホームの直ぐ先にある踏切からの撮影で、有り難いことにホームに電車が入ると踏切は上がってくれます


続きを読む "秩父鉄道、5000系元都営地下鉄"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父鉄道、御花畑駅に到着

Ccb1結構遠回りになったため現着は10時頃になってしまう、西部からの乗り換えとか観光客で改札は結構混んでいる状態になる

と言ってもおばさん軍団が「次は何時・・え〜そんなに来ないの、じゃぁバスとかは」とドタバタした状態なので、詰まってしまうだけですが、そう言えば自転車持ち込みの連中もいたか(当然バラして袋詰めだけど)

一応自動券売機も設置されていましたがここでの目的は、御花畑←往復切符→三峰口の購入ですので窓口へ

いつも通りネットの画像をiPhoneで表示さて、「この往復切符ってまだありますか」と尋ねるこのパターンはあーだこーだ言わずにさっと購入できるのがメリットです


続きを読む "秩父鉄道、御花畑駅に到着"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父鉄道、福生〜拝島〜東飯能〜西武秩父・御花畑にきてしまいました

Ohanab110/09(金)新宿から富士急行まで富士山を撮りに行ったのですが、曇り空で断念

この日は丁度秋の3連休だったため都内近郊のホテルは殆ど空室無しの状態でした

計画が甘かったと思います、まぁ大月から戻って都内なので近郊を楽天トラベルで調べると出てきたのが「福生駅」付近の東横イン福生駅前東口・・どこ?

中央線から青梅線に移動してというルートになるらしくNAVITIMEなどで調べながら、戻って宿泊となりました

ホテルに着きチェックイン時楽天トラベルの予約を言うと「売り掛けの・・」と言ってしまうお姉さん一般人には意味不明ですから注意できなかったけど

東横インは多分初めてだと思います、朝食はあったのですがパンとおにぎりコーヒーとサラダなどの簡易なもの


続きを読む "秩父鉄道、福生〜拝島〜東飯能〜西武秩父・御花畑にきてしまいました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士急行、収集した乗車券など

Fjk11富士山駅には硬券入場券があると言うことで窓口で注文すると、台紙付きの入場券でした

自分としてはあくまで普通の乗車券というのが、収集対象なのですがまぁ富士山なら良いかなと感じるデザインです

Fjk12こちらはフジサン特急車内でお土産販売もしていた車掌嬢から、車内改札で廻ってきたときに購入した車内補充券です

JR連絡用に車内補充券が欲しいと説明、「どちらまで」「最短区間で」「子供用ですか」「いや普通で」通じてくれた、趣味発券して頂き申し訳ありませんでした

こういうやつ都内近郊に住んでいるとき乗り越しで作ってもらった気するのですが、その程度しか記憶がない、しかもこれはなかなか見かけない、地図補と言うもので見ていて嬉しくります


| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士急行5000形、トーマスランド号

Fj51子供には縁がないのもあってきかんしゃトーマスについての情報は殆どありませんし、こういう擬人化はすき煮はなれていません

でもまぁこういうラッピングはこの場所だから感があって、これはこれで良いのかも知れないと思惑にハマってしまっているのか

自社オリジナル車両で昭和50年に投入らしいので、自分が乗ったのはこの車輌だったのかも知れないまぁそう思える時が残っているのは嬉しいかもしれないな


続きを読む "富士急行5000形、トーマスランド号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

快速ホリデー快速河口湖189系

Fj33丁度戻りの電車待ちをしながらどこかで富士山が見えないか探している途中、に優先してきたのはこの快速ホリデー快速河口湖で、新宿~河口湖間を繋いでいる物でした

ホームの半分だけ長かったのはこの6輌編成のためのようです、直ぐ近くにある踏切は京急のように締め切りになってしまうのかと少し期待したのですが

ギリギリ大丈夫なようにしてあったようです、そのおかげで踏切が上がった時にこのように撮影することができました

もう少し引きたかったけれど後ろは工場で入れず踏切には注意の看板などもあるため、これが目一杯です

もう少し天気が良ければ後ろの山々が良い感じになってくれたんでしょうが、最近の撮影は天気外れが多いな


| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士急行1000系

Fj21 元京王電鉄の車輌で平成になってから導入されたもの、ということは自分が乗ったものではないです

駅名看板が新しくなりすぎて少し昭和とレトロを追いかけている者には、綺麗なのですが残念な感じがします

1日2往復の水戸岡デザイン富士登山電車は途中ですれ違ったけど撮影には至りませんでした、九州で結構見てきたのでチラ見だけで満足してしまいました

続きを読む " 富士急行1000系"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フジサン特急の脱力度合い

Fjt11ここまで徹底的に脱力状態のラッピングだと、もう何もいうことは無いと思います

ただただ見入ってしまうだけでしたね、子供にはこの感覚は多分別なんでしょうね

この日はあいにくの曇り空しかも厚い雲だったので、富士山は全然見える状態にはなってくれませんでした

富士山駅には富士山を見るためのように、椅子が並んではいたのですが今年2度目の富士詣ではまた失敗に終わってしまいました(岳南鉄道に行ったときも駄目でしたし)

Fjt12Fjt13自由席への入り口ドアのイラストと、トイレの注意書きのイラストはこんな感じで特にトイレットペーパーは脱力過ぎています


| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士急行2000系、フジサン特急に乗ってみます

Fjt1富士急は30年くらい前の学生時代スケートをしにハイランドまで来た覚えがあります、でも多分2回ほどだと思います

どんな電車だったのかも覚えがない、こんなにくだけた列車は初めてでまぁここまでくれば笑うしかないって事でしょうか

でも元々はジョイフルトレインということらしく、室内は今となっては古くささもあるけど足元は広すぎるし3輌編成でそれ程混む訳でもないので・・

でも特急だけど速くは無いです(停車駅は少ないけど)

Fjt2Fjt3乗車券+特急券は富士山駅の改札で、無効化し記念に頂いてきました、軟券のこのタイプはどうしてもインクが滲んでしまいます


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿から「かいじ」で大月に向かう

Azusa10/8-10は3連休だったので2日間また何処に行こうということで、第18回鉄道フェスティバル 2011のため日比谷まで行ってきました

その後新宿から大月まで特急かいじで移動し、富士急行に乗車 富士山駅まで(写真は大月からの帰り際駅撮りしたあずさです、行き先の違いで名前が変わります)

今年は7-9月が輪番制の関係で土日曜は仕事をしていたため、休日がしかも連休となるとどれほど混むということを忘れてしまってました

新宿で指定券を購入する時点で窓際は無し、乗車し放送を聞くと指定は売り切れだとか地震から約半年で観光シーズンになったため人出が増えてきたようです

でも乗客の殆どは年配者が多かったような気がする、自分もそうかも知れないが・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウディA1、オイル警告と補充

A11九州遠征のネタが多すぎで代わりにアウディネタが遅れてしまい、申し訳ありません。

A1はMMIに出てくる整備情報だとどうやら30,000kmまでオイル交換不要なようです、自分は国産時代も1万キロ単位の交換としていたので、その程度は気にしないが流石に3万キロは気になってしまう、でも大丈夫だっていうのだから良しとしよう

しかしアウディはオイルを消費する部分があるのでそれはとうなるのだろうと思っていたら、今日不足の警告ランプが点いてしまいました。

出先だったので家に帰宅後A3用のに残っているカストロールでも少し入れて誤魔化そうと思ったら、どうやら使い切っていたようで在庫無しという事態になってしまいました(丁度月曜だったのでディーラーは休み)

仕方ないので翌日営業に電話しオイルの補充しようとしたら火曜日も臨時休業だとか、仕方ないので倉庫をもう一度探すと少しオイルが残っていたので補充しランプだけは消しました

(A3の時は1L缶を最初にくれたのですが、A1では貰えずしかも狭いトランクには缶を入れておく場所も無い)やっぱり暫くこの状態で誤魔化そう


| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州・山陰遠征のあとがき

Kp1000鹿児島〜常陸大宮までの乗車券はこのようになりました、感熱式のためスタンプインクの載りが良くないです

下車印はどうしても滲んでしまうため途中から、レシートに挟んで使うようにしました

下車印は(諫早)[黒崎](新山口)(出雲市)(東京)(上野)でこれ以外にも途中下車はしたのですが、どうぞで済ませられてしまうことが多かったです

わざわざ頼んだときは必ず何処に押しますかと聞いてきましたが、鉄ヲタになるにはそこまで指定しないといけないのか

って黒崎の黒いのは下車印ではなく駅名小印ですね、確か女性の係員だったと思うのですが

当初計画距離数(飛行機除く) 2,062km
迂回により変更後距離数(飛行機除く) 2,291km 飛行機分 457マイル=735km
当初計画より迂回により200km程度距離が伸びてしまいました、4泊5日(寝台含む)で3,000kmか当然疲れも溜まるよなぁ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝台特急サンライズ出雲東京到着してしまいました

Sanrise5台風明けの運用(09/22木)だったのですが遅れは殆ど無く、東京駅に着いてしまいました

降りて直ぐに一番後ろまで移動し、最後の撮影を済ませました(3人ほど撮影者がいた)

この後は一端東京駅で途中下車し朝飯を食べようとしたが(23日は祭日でした)朝は開いていないので諦めて上野駅に移動

払戻請求をした往復切符をみどりの窓口で精算し常磐線特急スーパーひたちの指定券を購入し帰途につきました

時間的にはもう1箇所程度都内近郊に出向くことができるのですが、流石にお腹いっぱいなので・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝台特急サンライズ出雲にて

Sanrise3この日のサンライズ出雲は倉敷に入る手前頃まで晴れていて、星空が降り注ぐような感じでした

当然無駄とは判っていたけど撮影を試みるも星は撮れても電車は撮れず、少しでも寝台内を入れると星は撮れないという状態

やっぱ無理ですということで、流れるライトなどを少し取ってみました


続きを読む "寝台特急サンライズ出雲にて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝田車両センター50周年ふれあいまつりに行ってきました

Kf2九州・山陰遠征アップ中ですが、少し割り込みとさせて下さい。

少し出発が遅れたのですが現地(付近)到着が10:15程度、並んでいました、最後尾のプラカードを持つ警備のおばさん付近まで戻ることとなりました(200m以上あったかも、11時頃会場を出ましたがその時は列も消えたようです)

途中から線路沿いの道に廻ったため助かりましたが、センター方面に直接行っていた人たちは列に並ぶためかなり逆戻りとなってしまったようです

部品販売・お弁当の販売は長蛇の列まだ始まったばかりのため、どこもかしこも人子供家族連れでかなりのものでした

自分は目当ての新形特急車両E657系の方へ向かいましたが、まぁ今回の主役ですからなかなか進みませんでした。写真は子供の写真撮影のミニチュアです

続きを読む "勝田車両センター50周年ふれあいまつりに行ってきました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米子駅、サンライズ出雲に乗車

Sanrise1_2松江・宍道湖で撮影後各停で米子駅まで戻りました、19時過ぎだったためお土産とか買おうと物色していたお土産屋は何と閉まっていました

仕方ないので開いていたキオスクの売店で少しお土産と夜食など購入し(サンライズには食堂車はありません)、待合室がこの時見あたらなかったので喫煙ができるホームで暫く待つこととしました

待っていると子供連れの夫婦が乗車のようで、東京方面に出るようなことを子供でも3人は大変だと思うが(まぁ余計なお世話か)

入線時の写真はいつものようにライトに引っ張られて、どアンダーになってしまう経験が生かされていないな、まぁ記念ということだけでしょう


続きを読む "米子駅、サンライズ出雲に乗車"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宍道湖からの夕日(のように仕立ててみた)

Sunset1風景の撮影はいつもどのように切り取ったらいいかとか、味付けをどうするかなど学んでいないためいつでも適当になってしまいます

この絵は露出補正を-2.0程度しています、マイナスは初めてやってみましたが結構良い感じになってくれるものです

陽が当たっている場所は大社付近かも知れません、こういうのは神秘かも知れないです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一畑電車、松江しんじ湖温泉駅前付近通過

Shinzi20時間的に後10分程でこの付近を通過する電車が時刻表示出てきたため、今度は散策中見つけた水たまり付近に移動し待つことした

捨てられた船沈みかけた船など絵図ら的にはあまり宜しくない所ですが、水辺と電車って結構相性がよいと思って撮影としましたが

やってきたのはこの5000形、線路のカントが逆方向だったため水鏡にはなってくれませんよね


| | コメント (0) | トラックバック (0)

一畑電車、松江イングリッシュガーデン前〜松江しんじ湖温泉駅間での撮影開始

Matsue11松江しんじ湖温泉駅までタクシー移動(タクシーの運転手は電車の時間を気にしてくれました、まぁこの時は乗るわけではないので大丈夫ですと答えましたが)、次の電車まで1時間程の空きがあったので散策しながら線路沿いと宍道湖畔を歩く

途中地蔵尊があったりそこで温泉が流れていたりして、何か急にホッとした感覚になりました

多少住宅とか金網が邪魔だけどカーブを抜ける場所を見つけたので、ここで出雲市方面往きの電車を待つこととしました

その間台風明けのため雲間から光が差したり、陰ってしまったりで感度調整が難しい

続きを読む "一畑電車、松江イングリッシュガーデン前〜松江しんじ湖温泉駅間での撮影開始"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松江駅、宍道湖を目指して移動

Shinzi1境港から米子に戻ってもまだ14時で出雲出発まで6時間を空きがある

お土産とか食事を考慮しても4時間は空きがあるなら少し晴れてきたので、宍道湖ともう一度一畑電車の撮影をしてみようかなと考えました

米子から各駅停車で松江駅に移動しそこから、松江しんじ湖温泉駅に向かいました。当然距離があるためタクシーという無駄遣いです(¥950円程度)

夕日の時間帯までは流石に滞在できないので、少し陽が入った状態の景色などを撮影してみました(これは魚眼を使用しています)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

境港付近と烏賊釣り漁船

Sminato1烏賊釣り漁船の実物を見るのは多分初めてだと思います、それ以外にも海上保安庁の船などが停泊していました

海有り県に住んではいますが船関連は全くといって縁がなく、高校生の修学旅行で宮島の連絡船に乗ったとか、幕張メッセのモーターショウに行くのに水上バスに乗った程度ですかね

フェリーとかも当然経験無し、豪華客船とかそのうち乗ってみるかでも1人だとますますどうしようもなくなのかも・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

境線、境港を目指します

Sakai1米子駅0番線の奥にはこのような物までありました、子供達には愉しくて良いでしょう(棒読みにしてください)

終点の境港まで40分程度途中に、米子空港がありますのでビジネスマンの乗車もあるようです

平日の昼間11時頃だったのですが乗客は結構満員状態でした、夏休みとかは混んだような気もします

境港駅からは水木しげるロードなるものがあって妖怪のブロンズ像が、そこかしこにあり皆さん携帯カメラで撮ったり記念撮影をしている(あぁファミリーだなぁと思わず呟いてしまいそうです)

続きを読む "境線、境港を目指します"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米子駅前の999だよねどう見たって

999米子駅前だんだん広場の汽車のオブジェ、どう見たってこのシーンは銀河鉄道999ですよ、鉄道オブジェクトらしいのですが。

999は1980年代初めの松本零士ということで自分は学生から仕事を始めた頃で、古いブラウン管TVで少し見ていた記憶があります

この景色にはこれ以上感想などはありません、こういう作り物はあまり興味がないのででも晴れた感じは悔しいけど良いですよね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米子駅に戻り境線で乗り鉄することに決めました

Yonago1米子駅に到着すると雨は上がっていてしかも少し晴れ間が差し込んでいました

これで列車が動いてくれたら、台風と雨で空気も綺麗になって海も落ち着けば良い絵が撮れるのにあ〜残念とまたまた悔やんでました

階段は境線のゲゲゲの鬼太郎関連のイラストで一杯、丁度自分の子供の頃は最初の鬼太郎のアニメが始まったばかりであまり良い感じはしていませんでした

当然漫画の方は読んでなかったし働くようになってからかな、作者である水木しげるについて何かで読んだのは・・・

これまた残念ですが、ゲゲゲの女房というNHK連続テレビ小説は見ていません


続きを読む "米子駅に戻り境線で乗り鉄することに決めました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山陰本線、鳥取駅に乗り入れしている車輌達

Shakuto1智頭急行のスーパーはくと(HOT7000系)で山陽本線、因美線、智頭急行線、山陰本線と繋いで京都駅に繋がります(2009年京都駅で撮影をすることができました)

今回の遠征でここから京都に向かうかとも考えたので、候補にも挙がっていましたが台風の影響の心配もあったのと、サンライズ出雲の上りに乗ることをメインの一つとしたため予定から外れています

非電化で130km自社線内では制御振り子式を作動という、気動車の特急タイプの標準と言えるのですかね

山陰での撮影が散々だったので、次回来るときは計画のルートに入れようと思います


続きを読む "山陰本線、鳥取駅に乗り入れしている車輌達"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山陰本線、各停一部区間運休が発生していた

Yoroi1Yoroi2今回の最終目的地である、餘部駅・鎧駅に行くために駅ホームに向かいました

予定では0929鳥取~1036鎧だったのですがその前の0848浜坂行きに間に合う時間にいってしまいました、が何と行き先が違う東浜って何処

駅放送を聞くと風の影響で途中の東浜までだとか、ヤバいなぁと思いながら列車撮影・待つと次の城崎温泉往きも同じ東浜止まりになってしまうとか

そう完全にアウトです東浜から浜坂までタクシーを使うと10km程度あるしその先の鎧駅となると30km、雨はまだ降っているし列車は来ない往復で60kmのタクシーは、無理だよね・良い絵も取れそうにない

続きを読む "山陰本線、各停一部区間運休が発生していた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山陰本線、キハ47たらこ

Tarako1翌朝餘部・鎧駅に向かうために駅ホームに行くとキハ47が3本も停まっていました、当然頭の中は「たらこ〜たらこ〜たっぷりたらこ」の歌詞がかけずり回りました

山陰本線鳥取駅は気動車ばかりしかも各停は国鉄時代の車輌がゴロゴロ、でも結構五月蠅いしシートなどは交換してあるけどそれでも直角に近いクロスシートは長時間ケツが痛くなります

まぁJR東の薄っぺらなシートも堅くて座り心地がよいとは言えないけど

それから架線がないから凄くスッキリしたホームになっています、がこの後またまた問題が発生してしまうわけです


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »