« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の32件の記事

鳥取宿泊明日の餘部駅・鎧駅に備える

Bent1駅からはリュックを背負っていたためその上からポンチョを着て、当然前のジッパーは閉まらない状態傘を差してホテルに向かいます

宿泊したホテルモナーク鳥取は温泉施設のあるホテルで、台風・雨と移動で疲れた体を卑しいくれました

しかしホテル着が17時頃を予定していたのに21時の3時間遅れで、まともに食事する場所が見あたらないし雨は土砂降り状態(2011/09/22です)のため駅ビルに隣接するコンビニで弁当とカップ麺を購入しこれで済ませることになってしまう

和歌山ラーメンはたまたまあったので購入しただけ、この時の台風は四国から和歌山にまた抜けてTVのニュースで地名だけが頭に残っていたからかも知れない


| | コメント (0) | トラックバック (0)

山陰本線、スーパーまつかぜ12号で鳥取に向かいます

Matsuk1乗車したスーパーまつかぜ12号(鳥取駅着での撮影)、台風とその風の影響で到着発車が遅れました

さらに山陰本線内では風のため一部徐行運転、鳥取到着は1時間遅れとなってしまいました

新山口からのスーパーおきが運休だったので同じ車輌キハ187系に乗ってみたいというのもありました

しかしまぁこの車輌五月蠅いわ大出力エンジン(450PS)を1両に2台搭載という事ですがエンジン音があまり気にならない自分は良いとして一般の人は少し驚くのではないかな


続きを読む "山陰本線、スーパーまつかぜ12号で鳥取に向かいます"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一畑電車、デハニ50形がひっそり佇んでいました

Ichiba100大社から雨の中耐えるようにトボトボ歩いて駅まで戻ってきました、この台風雨の中でも参拝している方はいましたし駅の待合室にもやはり10人ほど雨宿りと電車待ちをしている人がいました

そんな中白いミラーレスカメラでバチャバチャ撮っている女性がいてそっちを見ると、待合室からならデハニ50形が見えたのでガラス雨越しの中一枚記念に・・

自分は電車などを運転したいとは思わないのですが、ホームページによると150mの体験運転ができる(専用線内)のようです

続きを読む "一畑電車、デハニ50形がひっそり佇んでいました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出雲大社参拝

Izm13ヶ月以上前から計画していて1ヶ月前にきちんと切符とか手配して、それでも台風が来て予定の列車は運休で大回り迂回、出雲に着いたら大雨でポンチョを着ているとはいえ風があって蒸れてそれでも何とかここにたどり着きました

一畑電車撮影が目的の一つですが、ここに来ると決めた以上この予定だけはこなさないとという想いでした(考え過ぎかも知れないな)

この左側に手水舎がありました慣れない手つきで、出雲関連のホームページに載っていたとおり清めました

続きを読む "出雲大社参拝"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一畑電車、出雲大社前に到着しました

Ichba4台風のため雨は止むどころかだんだん強くなってきているようです、日頃の心がけで良くない点などあったのだろうか

ここも乗客の降車が終了すると改札を閉じてしまうようなので、人が抜けた後撮影をして改札を出ました

この車輌の後ろ側にデハニ50形がいましたが、雨のため先に行くのは諦めました。この直ぐ切り替えてしまう性格が良くないのか


続きを読む "一畑電車、出雲大社前に到着しました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一畑電車、川跡での乗り換え

Ichba3途中川跡(大社方面のりかえ)で乗り換えとなりました、時間が数分しかないでも雨の中でも撮影はしておきたいと思い数枚だけ撮影を頑張りました

乗り換え客は出雲大社に向かう人と、反対側からは学生が結構乗り換えてくるそういえば下校時刻のようだな(16:08頃)

5000系は回転・転換クロスシート(一部ロングシート)だったのですが、乗車した向こう側の3000系はベンチシートでした(元南海電鉄だそうです、大井川鉄道にもあったな)

手前の200系は元京王帝都電鉄5000系だということです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一畑電車、電鉄出雲市から出雲大社前まで乗車

Ichba1出雲大社へのお参りも兼ねた一畑電車への乗車で、かなり雨になっている状態なので荷物を最低にして移動することとします(コインロッカーはネットで一畑の方が¥200円で安いというのを確認済み)

一眼のカメラと携帯・財布・カッパと折りたたみ傘だけにして移動開始としました、雨のため半袖だと寒いでもポンチョを着ると蒸れて暑いというのが悩み所でしょうか

発車時刻近くになると改札が始まり、ホームに入るとこの500系(京王帝都電鉄)が入線していました(ホームの幅狭いです、高架になっていて綺麗なんですが)

平日の16時頃のため乗客は数名程度、厳しいかもなどと余計な心配をしてしまう。そうそうアテンダントが乗車していました

Ichba2出雲大社前までの往復なので普通の乗車券の方が良いのに、このフリー切符欲しさに購入してしまいましたまぁこの程度なら納得・許せる無駄遣いかなと思ってます

観た感じはペラ紙のようですが和紙でできているようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

伯備線特急やくもで出雲市に移動しました

Yakm1新幹線での岡山駅への移動はそれ程問題なかったのですが、その後の伯備線やくもも結構やってくれました

有人改札で迂回のコピーを見せて通過、発車時間15分前に着いたので確実に昼飯を取るため駅弁を購入し待っていると、いつまでたっても各停などが入線してくる

そのうち放送で風のため遅れているとか、しかも1時間ほど遅れてしまうとか後ろの方で文句を言っているかたがいましたがこちとら大回り迂回状態、先ずは出雲市まで到着できればという思いだけです

乗車時間は3時間少し22日にはサンライズ出雲でここを戻る予定なので景観は良かったけど、少し感動が薄れるような気がする

当初の予定より3時間遅れで何とか出雲市駅に着くことができました、でも思い切り台風と雨だよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

業務連絡書(甲)の写し

Gm1朝iPhoneでJR西日本のおでかけネットで運行状態を調べてみると、おきの運休どころかもっと酷い状態となっていました

まだ予定の半分も消化していない状態、とにかく食事後荷物を纏めてみどりの窓口へ直行とします

まず窓口で相談とし運休のこと、山口線〜益田〜山陰線の運行状態が良くないことの確認し複雑なルートの乗車券を見ると近くにいたベテランのスタッフらしき人が迂回ができるとのこと

書類を作成するので外のベンチで待っていて欲しいとか、そしてこういうA4コピーを貰いました(すいません、発行者の部分は伏せてあります)

続きを読む "業務連絡書(甲)の写し"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09/21(水) 08:51新山口発、特急スーパーおき2号運休

Odekake新山口駅付近のホテルまで移動し荷物の整理とかしているときに、台風の影響が気になりサンライズ出雲の運行状態を確認するとやはり運休となっている

自分の予定は22日発なので天気予報を見ると山陰・関西側は大丈夫だからと思いJR西日本おでかけネットで調べていると、何と18:30に【特急スーパーおき号・スーパーまつかぜ号】 台風 運転取り止めとなっている

詳細を確認すると午前中の山口線・山陰線の特急関係全滅状態、ヤバいなぁ新幹線で広島・岡山辺りに移動かなぁ

一畑電車で出雲大社に行く予定を自分から潰すというのも縁起が良くない、移動手段が残っているなら進まないといけないという思いになる

取り敢えず風呂に入ってさっぱりした後まだ駅のみどりの窓口は開いていそうだったので、切符を持って相談してみることとした

曰く「前日に運休が出ても変更されることもあるので、今変更はせず明日確認が良い」との事でした、ホテルに戻りルートを調べるとやはり岡山とか伯備線しだいとなるでも金掛かるよなどうしようという思いで一晩越しました


| | コメント (0) | トラックバック (1)

新幹線で新山口駅に移動、500系乗車

S500去年(2010/05)の四国遠征時に東海道から山陽に移ってしまった500系に出合っていますが、今回はまたまたですが小倉からの乗車することができました

デザインの関係もあって一部狭くなっているとかいう先入観もあって窓上部分の曲線などが気になりました、でもコンセントが付いていたためiPhoneの充電などができてとても助かりました

この写真は新岡山駅についてから、のぞみの通過待ちで停まっているところを撮ったもので煙のような水しぶきの跡は通過時に振りまいていったものです

架線を通過するパンタグラフからは、繋ぎ部分なのかかなり派手にスパークをだしていました

この時明日からの予定していた山口線〜山陰本線の移動で問題が出るということは気づきませんでした


| | コメント (0) | トラックバック (0)

小倉駅、北九州モノレール1000形

Kkm3こちらが標準のデザインのようです、色違いが色々あるようですが

記念に入場券がなかったので最低区間¥100円の切符を購入して次に移動することとします


| | コメント (0) | トラックバック (0)

小倉駅、北九州モノレールのコカコーララッピング

Kkm1小倉駅を出ると駅ビル内にド〜ンとモノレールが見えます、自分以外にも結構携帯で撮っている人がいました

この北九州モノレールは30年前仕事の関連があったため、色々知ってはいたのですが現地出張などの予定が直前で中止となってしまい

それ以来縁なしのままとなっていました、競馬場前とかいう駅があるのが気になっていましたが

当初から小倉駅は路線図に入っていたはずなんですが、開業時はその手前の駅までになっていたようですね

続きを読む "小倉駅、北九州モノレールのコカコーララッピング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒崎駅、ED76-1017通過

Kuros10黒崎駅から小倉駅に移動しそこから新幹線で新山口駅まで移動宿泊の予定です

また各駅停車を待っていると貨物通過の音がしたので、カメラ向けて撮影してみるとED76交流機関車でした

北関東ではED75にたまに会う程度ですから、当然初めてです


| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑豊電鉄、オマケ

Kuro7西黒崎も車両基地のようになっているようで、引き込み線の奥の倉庫には2000,3000系が留置してありました

でこの信号機なんですが乗用車が入るためなのか、黄色く塗られたカゴに入っていました

もしかして夜とか帰宅時にぶつけてしまった事とかあるんでしょうか(こういうのは初めて見ました)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑豊電鉄、2000形

Kuro5橙色に塗られた2006編成がきてくれました、これで黒崎駅前に戻ります

あくまで個人的意見ですがこの色合いと車輌が一番良い雰囲気をだしていると思います、2004編成が原色だということですがこの色でも自分は納得してしまいました


続きを読む "筑豊電鉄、2000形"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑豊電鉄、森下駅に到着撮影開始

Kuro3筑豊鉄道は必ず車掌が乗務するようです、黒いがま口のカバンをぶら下げてドア操作そして両替の確認に必ず小走りしてました

下車は運転手側まで移動して整理券+料金を手渡しするか、車掌のいるドアには料金箱があるのでそこで手渡しすればよいようです(払いすぎの乗客を呼び止めてお釣りを渡したりもしてました)

自動改札のいきなりピンポンでドアがガチャッと閉まってしまう、失礼な客扱いに慣れてしまうと何か凄くホッとするというか暖かみを感じます

3000形2連接車両が丁度森下駅で交換となってくれました、ここにきたのは地図を見て少し緑とかありそうな場所と地名からの選択です

軌道は広くやたらしっかりした感じなのに、路面電車タイプの釣り掛けサウンドが響いて行く景色も凄いと思います

続きを読む "筑豊電鉄、森下駅に到着撮影開始"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑豊電鉄、黒崎駅前に到着しました

Kuro1 西鉄福岡〜福岡駅に地下鉄で移動しそこから各停でノンビリ黒崎駅まで向かいます、目的は路面電車撮影として残っていた筑豊電鉄のためです(正式には路面電車イブの車輌を使っているだけですが)

黒崎駅では下車印を貰うことができました、当然スタンプ色は黒でした(後で纏めてアップします)

さてこの筑豊の黒崎駅ですがJR側から向かうとまぁ入り口が判らない、右に行って左で階段下りてあれっバス停にきちゃったかと思うと隣が実は駅ホームだったりします

歩道橋とバリアフリー待合所の設置とかのために帰って入り組んでしまっているように思えます


続きを読む "筑豊電鉄、黒崎駅前に到着しました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone3GSのiOS5のアップデートでハマる

Icすいません急遽割り込みで報告します。

今朝方最新版のiOS5のアップデートが出ました、某巨大掲示板では人柱の嵐と悲惨な報告が続々出ている状況を確認しました

しかし自分の環境は、iMac+Lionとインターネットは一応光になっていて現在できうる環境にしてあるため、一度アップデータをダウンロードした後やはりアップデートをしてしまいました

バックアップなどが走り何故か「復元」のダイアログが出ている確かにアップデートを選んだはずなのに、心配だがそのまま待つこととするしかない

何度か何種類かのダイアログが表示され1時間程度経った後、iTuensが固まった状態になってしまう(アクティビティーモニタで反応無しとなる)

仕方ないのでiPhoneを触ってみると実はこっちが入力操作モードになっていた、この時点で既に怪しいが進むしか道がない

iCloudへの接続連携などがあったがとにかくコイツは怪しいのでOffで進む、で、アイコンを操作すると入れてあるアプリは落ちてしまう、ここで焦ってiPhoneを再起動してしまう

続きを読む "iPhone3GSのiOS5のアップデートでハマる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西日本鉄道、6000形普通と8000形特急

Nsf16000形(6050かな区別が判らない)、まぁここまで来るときたものは記念に撮っておこうというモードになっています

西鉄福岡駅ホーム終点ですのでこのように片側が降り口もう片方が乗り口ホームとなっているようです、入り口付近にはこちらからは乗車できませんとかの看板が出ていたと思います

この時点で12時になっていたので昼飯となるのですが、意外と博多ラーメンの看板などが見あたらない面倒だというのも結構あって改札を出て直ぐのうどん屋で済ませることとした

また質素な食事になってしまった、でも薄口の汁は旨かったいつもは関東の濃い醤油ばっかりだからね


続きを読む "西日本鉄道、6000形普通と8000形特急"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西日本鉄道、西鉄福岡に到着しました

Ntet1西鉄小郡駅に歩いて向かうときには雨は本降りになっていて、リュックから折りたたみ傘を出しカメラを抱えてトボトボ歩く羽目になる・・・

駅券売機で切符を購入しました(SuicaもSugocaも持っていましたが、切符が欲しかったので)

ホームに降りると既に3000系の急行が到着していたので撮影もできずに乗車、福岡方面に往く電車のため突然都会の景色・人々に変わってきました

Ntet2 西鉄福岡駅ホームで到着する電車を人を気にしながら撮影 & 一服、切符は改札で無効化して貰いました


| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘木鉄道、小郡駅に到着 西鉄に乗り換え

Amgi22区間のみの乗車、基山〜小郡駅 ¥160円をワンマンの運転手に払い下車し西鉄小郡駅に向かいます(この時点で雨、台風が迫っている事もあって駆け足での移動としました)

JRの基山から小郡経由で西鉄福岡への移動は別に意味があったわけではなく、ただJR九州ばかりでの移動ではつまらないので寄り道してみたというとこです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘木鉄道、基山駅到着

Amag1途中鳥栖駅で各停に乗り換えて基山駅に到着、ここで甘木鉄道に乗り換え小郡駅・西鉄小郡駅に移動する予定です

到着時ホームに列車が見えたので跨線橋を渡って行こうとしたら行けない、一端JR側の改札を出た後別の跨線橋から入場となりました

基山駅には切符自販機とかはありません、運賃はワンマンバスと同様に整理券+現金払いです

平日昼間の時間帯基山駅からの乗客は5-6人程度だったと思う、この時点で台風の雨が結構強くなってきていました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第18回鉄道フェスティバル 2011に行ってみました

Fs1九州遠征のブログが継続中ですがここで一休み。

10/8-10の3連休は都内近郊に行こうかなと考えていましたので、大人の休日倶楽部会員限定 ひたち東京フリーきっぷを利用して第18回鉄道フェスティバル 2011に行ってみました

鉄道関係のイベントは初めてですし元々人がどかんと集まるのは、好きでないし苦手でも鉄道各社が色々販売しているという

廃止の噂(予定になってしまったか)の十和田観光電鉄辺りの切符でも購入できるかなと思い足を運んだのですが。

8日初日11時頃十鉄のブースは既に長蛇の列(40-50人くらいか)になっており、流れもあまり良くないという感じだったので諦めました(まぁ自分は基本現地購入にこだわりたいので・・・)

こういうイベントってどうも売る方はあまり商売っ気が無くて、そのくせ買う人の中にはオークション用のネタ探しが潜んでいるようです、この日も携帯などで連絡を取り合いながら動き回っている方々を見かけましたし・・・

Fs2代わりに隣の津軽鉄道が結構空いていたので覗くと、欲しいと思っていた往復硬券の販売なんかもあって思わず購入してしまいました(¥500円)

津軽鉄道は今年の冬にストーブ列車の乗車・撮影に再挑戦する予定を立てているところなので良しとしましょう、何てね


| | コメント (0) | トラックバック (0)

諫早駅、特急白いかもめ待ち

Kamome諫早〜鳥栖〜基山と移動に甘木鉄道に乗車しようと思います

電車の待ち時間の間に上り下りのSEA SIDE LINER・長崎行きのかもめ・島原鉄道が並んだので撮ってみました

島原鉄道はこのあと結構な速度で出発していきました

車輌が違うホームの数も多いと言えばそれまでですが、少し前の勝田駅もこんな感じだったかな

特急指定券は1番A席だったため1人掛けの席で非常にゆったりはしていたのですが、自動車のシートのようにホールド性が高いわけではないので革製の席は滑りやすく落ち着きません

続きを読む "諫早駅、特急白いかもめ待ち"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島原鉄道、諫早駅に戻ります

Isah1諫早方面の列車が入線してくるところを撮ってみました

奥に山が見えるのが良い感じです、が曇り空と雨がちょっと残念です

真新しい金網フェンスが邪魔なことは無かったことにして・・・

次回は島原外港駅までの乗車と有明海の撮影をしたいな、当然晴れた日に。

島原鉄道の改札部分で車掌が、JR乗り換え用にこの精算済票を乗車券と引き替えに渡してくれました

Isah2私鉄・3セクとの共通駅ではJR側の有人改札で一声かけると、出入りできるのが普通のような感じがしたのですが毎回これを配布しているのでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島原鉄道、本諫早駅の券売機

Waiting乗車券販売口はこのように閉ざされています、入場券の購入は隣の窓口から声をかけて購入となりました

乗車券も購入しようとしたら券売機での購入との事でした

この時点で乗車券の記念無効化は諦める事となる、入鋏後カメラで撮っておくという手もあるが意外に綺麗に取れない事が多い

本当は島鉄3兄弟とかいうフリー切符が欲しかったのですが、日にちが合わず購入できませんでした


| | コメント (0) | トラックバック (0)

島原鉄道、本諫早駅到着しました

Isahaya1諫早駅で買った切符を持って駅員の所に向かう、ホームは列車がくる頃に客扱いするような感じでした

早速「乗車記念に貰いたい」と言ったのですが若い駅員は、申し訳なさそうにこれは回収になりますって事で遭えなく玉砕となりました(基本的に使った切符を少し残すというのがポリシーになりつつある、入場券のを除く)

Isahaya2ここから直ぐに本諫早駅に戻り白いかもめで鳥栖駅に移動する予定

入場券を記念に購入「発行印入れますか」と聞いてきたのでお願いするとスタンプ印のためふぅ〜と乾かすそぶりの後渡してくれました、駅名のゴム印が哀愁を誘います

それからこの券はやたら白いため、スキャナー読み込みで画像サイズの自動認識ができませんでした


| | コメント (0) | トラックバック (0)

島原鉄道、本諫早駅に向かう

St1_2諫早駅の券売機で本諫早までの切符を購入、当初は以下のような撮影計画を立てていました
09/19(月)
〃 1735諫早~1737本諫早
〃 1813本諫早~1816諫早

09/20(火)
〃 0719諫早~0756古部(0812頃急行通過)
〃 0829古部~0903諫早(ワンマン)

前日は飛行機を含めた移動疲れと雨、当日も小雨(台風は近づいてきてる)ということで古部駅までの移動を断念、諫早湾と島原鉄道を撮りたかったのですがねぇ

この日は平日朝ということもあって2輌編成になっていました、乗客はやはり学生が多く携帯と睨めっこしているのは何処に行っても変わらないようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

諫早駅の夜景、ホテルからの撮影

Isahayasta小雨が残る中長崎では吉牛しか食べていなかったので、今夜はしっかり食べたいと思ったのですが

駅付近にはラーメン屋程度しかなくチャンポン食べてないけど量が多そうだなぁ

ということで諦め駅前SEIYUで弁当でもということにしてしまいました(全く食が貧乏な生活だ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

諫早駅、島原鉄道に出合う

St1JR側の有人改札は女性の駅員だったので「下車印を」と言うと何処に押しますかと気を遣ってくれました

この後も何度が下車印をお願いする事になったのですが普通切符なのにどうぞで済ませられることが多かったです

駅到着が17時過ぎでもう少しで日が暮れてしまう、雨も降っていたため先ず今日は駅撮りで済ませることとしました

キハ2500形で側面には島原の子守唄のイラスト「おどみゃ島轍」が大きく描かれています、そう言えば駅の端っこのホームで新潟トランシス製の車輌、これまた湊線の3710形と同じですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長崎駅、SEA SIDE LINERで諫早に進みます

Ssr1長崎から予約してあるホテルのある諫早駅までの移動はシーサイドライナーとかいう、この青い気動車で向かう事としました

長与経由佐世保行きで、Google Mapを見ると海側を走るということで選びました

予想通り見事で景色の良い海沿いをゆっくり(そんなに飛ばせない車輌だし)走ってくれます、特に大草・東園駅付近の景観は良いです

是非下車して撮影をしたいという気にさせてくれます、でも時刻は16時過ぎ次の列車待ちの問題にぶち当たってしまうのが辛い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »