« アウディA1、リフレッシュのため近場の温泉まで | トップページ | アウディA1、宇都宮線まで様子見 »

アウディA1、インプレッションその2

Fh写真は水戸〜勝田間で地震により緊急停止したままのフレッシュひたちですやっと保線員が様子を見に来たようで10人程いたと思います

ガソリン補給のため国道6号に向かう途中丁度常磐線付近に寄ったため撮影してきました

1ヶ月以上経過しました走行も1900km程度です、平均燃費はコンピュータ[2]で見てみると13.8km/Lでここ2週間ほど地震/自宅待機のためあまり乗れていません

1000-1500kmを越えた辺りから回転とかSトロニックの当たりが出てきたように思えます、A3 2.0Tを乗っていたのでアクセルの具合が判らずそっ〜と踏む癖が付きすぎて軽自動車にも煽られるような出だしでしたが、今はパ〜んと2000rpmまで回転が上がってくれて道路の流れをキープできるようになってきました

エンジンの味付けがA3などと比べると全然別物ですね、兎に角おとなしいと思いますアクセルを踏んでも「ヤバい加速しすぎだぁ」なんてことは全然ありません

替わりにA3では殆ど出番の無かった、SモードとかMモードを何気なく使っている状態です、特にSモードは通常との差をはっきり付けていてローギアで2-3000rpmまでブン回してくれます

よくネットでは遅いとか何とか出ていますが、ターボ付きでも1400ccの排気量ですからある程度回してあげないとスピードは乗ってきません。次期エンジンのターボ+スーパーチャージャーならばこの辺が改善されると思います。

また通常のモード/アクセル操作では燃費優先、それからA1のターゲットでもある初心者・女性向けの味付けになっているのだと思います

その代わり軽い車両軽い頭(エンジン・バッテリーをトランク側にしている)のため、A3に比べるとかなり回頭がよいと感じています(ホイールベースの違いもあるが)

なのでクランク気味の道路・交差点を抜けた後にSトロのクラッチが切れた状態になり、コーナーを抜けた後再度クラッチが繋がってトルクとパワーが「ドカン」と出てしまいピックりするようなことはありません(A3ではこのためそっとアクセルを当てていました、今も少しアクセルを当てている癖が付いているからかも知れませんが)

初めてのアウディとして乗る方にはとても乗りやすいし(17インチは除く)、アクセルをきちんと踏めばパワーが出てくれるそして高速走行でも安定して走ってくれるという良いとこ取りと言えるのかも

|

« アウディA1、リフレッシュのため近場の温泉まで | トップページ | アウディA1、宇都宮線まで様子見 »

(2- )JR東日本」カテゴリの記事

アウディA1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56760/51203049

この記事へのトラックバック一覧です: アウディA1、インプレッションその2:

« アウディA1、リフレッシュのため近場の温泉まで | トップページ | アウディA1、宇都宮線まで様子見 »