« 停電で活躍したVX-3無線機のラジオ | トップページ | Audi metroproject quattroがあればなぁ »

アウディA1、エコドライブの効果とか差について考えてみる

Engroom1Start(A)Stop(アイドリングストップ)機能の付いているアウディA1ですが、やはりこれは渋滞での余分なガソリン消費を抑えるのがメインのような感じがします

当然これも付いていれば全然違うのですが、それより信号機がないとか一定の速度で巡航できるという方が効果が大きいようです

地震の影響で信号機が消えている状態で帰宅、親類の家付近まで水汲みに行ったりしたのですが非常に燃費がよい状態の14-15km/Lの数値を出してきました

前のA3も栃木県さくら市の温泉に往復100km走行で14km/Lの驚異的な値を叩き出しています、これはやはり信号が少ない、一定速度のアクセル操作が可能だったという条件になります

この経験を踏まえトラック乗りではないけれど、なるべく停止しない状態で信号待ちというかトロトロ走行をする方向になってきています

但し大通りへ出る信号待ちなどは、待ちが30-60秒とかもあるのでこの場合はスパッとStart(A)Stop状態に持って行った方が良いようです

それから地震の影響でガソリンの供給が追いつかないようで、スタンド付近は渋滞が発生としてるようです、市の災害放送でもこの辺の注意を促す放送をしているくらいなので、A1は後250km走行可となっていますので3-4日分はあるという感じかと思います

ガソリン補給をしたのですが国道沿いのスタンドは、3-4kmも渋滞した状態のため落ち着くまで諦めるしかありません、燃費が良いって事で相当助かっています

|

« 停電で活躍したVX-3無線機のラジオ | トップページ | Audi metroproject quattroがあればなぁ »

アウディA1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56760/51126307

この記事へのトラックバック一覧です: アウディA1、エコドライブの効果とか差について考えてみる:

« 停電で活躍したVX-3無線機のラジオ | トップページ | Audi metroproject quattroがあればなぁ »