« 只見線、第一橋梁 | トップページ | 水郡線、矢祭山 第9久慈川橋りょう »

只見線、第一橋梁その2

Tadami2相当ぼうっとしている状況で、ズームをワイド側に戻したのだが山の頂部が切れて半端な状態になってしまう

濁った水はお世辞ならコーヒー牛乳色で水面への写り込みは期待できなかったのだが、結構大丈夫でした

前回は川の所々に雨が降ったため水面が荒れてしまい、あまり良い感じの水鏡にはならなかったからな

やはりイベント列車の走る紅葉シーズンに来ないと駄目なのかも、でもそうすると競争が激しすぎるんだろうなぁ

今回もこの時間にこの場所へ来た人はいないですから、のんびり撮影は出来ました、体調不良でかなりヤバかったのは抜きにして

Tadami3鉄塔にたどり着く直前の山道の状態です、上の明るい部分が見えるともう少しと思うのと、誰か先客がいるかなと思ってしまう

次回ここにこれるかは「人間ドックおよび追加検診」の結果次第だろうか

|

« 只見線、第一橋梁 | トップページ | 水郡線、矢祭山 第9久慈川橋りょう »

(2- )JR東日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 只見線、第一橋梁その2:

« 只見線、第一橋梁 | トップページ | 水郡線、矢祭山 第9久慈川橋りょう »