« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の32件の記事

福井鉄道、田原町の歩道橋から撮影する

Tawaraこの場所はYouTubeとかネットで調べていたのですぐに判ったのだが、強烈な日差しと蒸し暑さでバテてしまった

電車待ちで我慢はしたつもりだったが1回の撮影で疲れて引き上げることとしてしまった(次は名古屋まで移動だし)

後ろを走るえちぜん鉄道を気にしながらのカットです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井鉄道、越前武生駅に戻る

200何とか巡り会えた200形だが、次の発車にはならないようなので福井市内390園の切符を購入し移動することとする

平日のため乗車は数えるほど途中でも夏休み中の学生が数人乗り込んでくる程度、福井市内に近づくにつれ多少は混み合ってきたが

Fkippu

赤十字前にはデキ11が置いてありました、市役所前ではスイッチバックとなり運転手がレバーを持って後ろに走っていきます

福井駅前ではまたスイッチになるのでさっきの逆、折り返し田原町まで軌道での走行となるようです

Tbletそれから一部区間ではタブレットを使っているようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井鉄道、北府駅での撮影です

Kitafu5駅舎の中には券売機がありませんでした、自販機と数台おける駐輪スペースがあったと思います

まだ少し雨が残っていたので曇り空となってしまったが、道路の濡れ具合は雰囲気を出すのにかっていると思う

駅から車両基地として続いている横に見切れている車輌は300形だと思う、ネットでは全車廃止解体になったとなっていたがビア電としているようだ

ここで撮影していると越前武生に向かう200形がやってきた、取り敢えず乗り込んでしまい逆戻り

ワンマンなのに整理券も出てこないどうしたものかと改札に向かうと、乗車駅の説明で180円とのこと、平日なのでフリー切符は無かったのが痛いな

続きを読む "福井鉄道、北府駅での撮影です"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井鉄道、北府駅まで乗車

Kitafu1ソフトバンクのCMでお父さんが電車待ちをした景色と、ネットで見た車両基地・ホームを求めて降り立つ印象通りここだけ時間が止まっていた

200形のレトロっぽい車輌だったらもっと良い感じだとは思うが、時間帯がずれて路面タイプの撮影となってしまう

周りを見回すと福井鉄道の殆どの車輌が置いてある、デキ3とかも遠目に置いてあって気を遣って止めてあるのだろうかとも思ってしまう

この日は平日だったため撮影ギャラリーもいなく一人ゆっくり撮影が出来て満足、暑いのを除けばだが

続きを読む "福井鉄道、北府駅まで乗車"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井鉄道、越前武生駅から乗車

Takefu1前日、天橋立〜京都(本日)〜武生という移動です、朝6時に京都駅まで行けば きたぐにの撮影が出来たのですが爆睡してました。

移動はサンダーバード着いたときは少し雨が降った後のため、蒸し暑く昨日よりひどい状態やはり秋とか冬の方が良いのかも

JR武生から越前武生に徒歩で移動、1時間に3本程度の運行のため乗り込みながら数枚撮影、軌道線も走る2両編成はやはり大きい(本当は路面電車ではないのだが)

車体にステップが着いているのが特徴だろうか、乗り降り時にガチャガチャいいながら出てくる

続きを読む "福井鉄道、越前武生駅から乗車"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天橋立の展望

Amanohashidate天橋立駅には13時頃着いて少し遅い昼飯になるのだが、自家用車で来る人たちが多いため駅前は少し寂れ気味

バテさもあって食欲が無い(水分補給ばかりなので、余計食べたく無くなってしまったやばいかな)

人の流れに沿って歩いて行くと展望台に登るモノレールとリフトがある、モノレールは40人乗りで1時間に3本程度待ち時間が合ったが怖くないモノレールとする(意外と高いところが苦手な方)

函館山のケーブルカーで゛登ったときはガスってて散々だったが今回は良い景色に出会えた

頂上はこぢんまりした遊園地風子供たちは乗り物に乗ったりしていたが、僕は数枚の撮影で速攻撤収

続きを読む "天橋立の展望"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北近畿タンゴ鉄道、丹後由良駅から天橋立に移動とする

Tyura2丹後由良駅まで戻り駅の自販機で水分補給と、手ぬぐいを水で濡らして首にかけ暑さをしのぐ(オヤジモード全開になってしまう)

頭への血流部分を少し冷やしてやるとかなりすっきりするし気持ちが良い

次の目的地 天橋立に向かうためホームで待つこととしたが、ここから橋梁を渡ってくる列車の撮影もできる

来たのは2両編成のワンマンKTR700形、後ろの方で撮影していたので前乗りのため小走りとなりますます汗汗となってしまう

続きを読む "北近畿タンゴ鉄道、丹後由良駅から天橋立に移動とする"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北近畿タンゴ鉄道、由良川橋梁撮影

Yura1北近畿タンゴ鉄道、丹後由良〜丹後神崎に向かう上り(になるのかな)の撮影です、橋梁の距離があることとゆっくり走ってくれるので撮影にはもってこい

邪魔な架線・ケーブルも無いので構図を取りやすい、晴天・青い空白い雲・光る水面どれを取っても最高、風もあり気持ちも良い

車輌が少し派手過ぎな事ととにかく暑いのを除けば大満足、時間の余裕は取ってあって後2本(2時間程度)は余裕があったがとてもじゃないけど体が持たない

水分不足(水も持参していない)ため慌てて撤収することとする

長谷で濡れた手ぬぐいを頭に巻いて、重いカメラを抱え穂の出そろってきたたんぼ道をトボトボ歩くヘトヘトでした

続きを読む "北近畿タンゴ鉄道、由良川橋梁撮影"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北近畿タンゴ鉄道、由良川橋梁通過

Rv1
実は京都から天橋立に行くルートを調べていたら、タンゴ鉄道でこの橋梁がかなり有名なのに気づく、でも丹後由良駅は各停でしかも撮影場所まで600m位歩かなければならないという事

レンタカーという考えもしたが知らない土地に路駐するのもあまり宜しくないだろうという感覚と、まぁ少しくらい歩くのも仕方ないと思いトボトボ歩いて現地入りすることとした(これが失敗でもある)

この写真は浪漫号の窓から撮ったもの、海の色がとても良い青で久しぶりに感動した、しかし時刻は11時既に34-5℃になっていたのではと思う

一人駅に降りて橋梁に向かってトボトボ歩くが、滝のように汗が流れてくるハンカチ代わりに持って行った手ぬぐいがずぶ濡れ状態

次の列車が通過するまで30分程度ある、木陰で休みながら汗を拭きつつひたすら待つ帽子買ってくれば良かったなぁ

続きを読む "北近畿タンゴ鉄道、由良川橋梁通過"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西舞鶴駅、北近畿タンゴ鉄道、タンゴ浪漫号に乗り換え

Tango1京都から87分乗り換え空き時間が21分と結構余裕があったので、少し落ち着いて撮影と思ったが既に暑くて日陰でないと汗が滝のように流れてくる

Tシャツも汗汗状態で気持ち悪いでも、なかなかこれるとこでもないしここ西舞鶴駅はタンゴ鉄道の整備倉庫などもあってディスカバリーなどもあって面白い

静かな山脈でこの真夏の時期でなければ、紅葉とか少し雪だとかなら最高だろうなぁと暑い中妄想に耽ってしまった

それからこの浪漫号は風光明媚なところでスロー運転するとのこと、由良川橋梁もその一つらしいので期待、まぁ丹後由良で撮影予定なので調査済みではあるが

続きを読む "西舞鶴駅、北近畿タンゴ鉄道、タンゴ浪漫号に乗り換え"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都駅、まいづるで丹後由良に向かう

Maizuru1急行きたぐには6時過ぎに京都駅に到着、時間もあるので一端改札を出る事とした

きたぐにの切符は乗車券と一緒になっいたので記念に残したいと思い改札で[乗車記念・使用済]にして貰いました

2時間ほど空きは伏見稲荷大社に行ってみる、既に暑い状態でお参りしお土産を買って戻ることとした

それからタンゴ鉄道の丹後由良の由良川橋梁に向かうため、まいづる1号で先ずは西舞鶴に向かう

京都〜西舞鶴〜丹後由良への切符は乗り換えと言うことで、纏められるようなのでそれにしたがタンゴ鉄道分はフリー切符でも良かったかも知れない

途中綾部で先頭はしだて車両を切り離し逆向きになり西舞鶴に向かう事となった、スイッチバックで途中から進行方向が切り替わるというのは、函館の北斗星で経験した程度で何故かドキドキした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟駅、急行きたぐにに乗り込む2

Kitaguni4発車までの時間にかなり余裕かあったので端から端まで歩いて撮影することができて、こんな雰囲気の絵も撮れた

寝台側に乗る人はやはりまばらな方だったと、そういえば関西方面の老夫婦とか女性の方もいたか

サロネ581-1 A寝台下の様子、座席にも使用できるもの、座席を寝台にしたものどっちが正解かな、肘掛けがベッドから落ちないようになっているのは良いことかもな思う

続きを読む "新潟駅、急行きたぐにに乗り込む2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟駅、急行きたぐにに乗り込む

Kitaguni1新潟駅でどちらからどのように入線してくるかが判らない、でも先頭は多分1号車だろうということでホームの端で待つこととする

北斗星は10-15分前に入線するので時間があると思っていたが、30分前に入線となってしまった時間的な余裕はあったので良かったのですがちょっと驚いた

入線してくるところを頑張って撮ろうと思っていたのだが、それは上手くいかなかった残念

もう夜中の23時頃のためカメラを抱えて走り回っているような奴は自分くらい、記念撮影程度に子供の写真を撮っている人はいたかな

ISO800まで感度を上げて開放F2.8での撮影、そこそこ雰囲気のある絵は撮れたと思う

暑い日だったのでジュースとミネラルウォーターの買いだめなどをして乗り込む、車内販売も自販機もないので・・・

続きを読む "新潟駅、急行きたぐにに乗り込む"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟駅で急行、きたぐにを待つ

Niigata上野から上越新幹線Maxとき(2階建てだけど1階)に乗り新潟に向かう、本来なら2階席を取るのだが夜の走行なので景色は諦め代わりに25%割引のあった1階席窓際としました

新幹線は本当に移動だけの乗りものになってしまった気がする、しかもこのMaxときの様に2階建てに詰め込まれると移動時間帯は旅行という感じがあまりしてこない

新潟に着いたのは22時頃丁度この日は花火大会があったようで、浴衣を着た人などが沢山臨時列車も出ていたようでかなり賑やかな状態でした

続きを読む "新潟駅で急行、きたぐにを待つ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上野駅、ピカチュウのラッピング

Pica08/08上野について山手線に乗ったときピカチュウのど派手なラッピング車輌がかなり走っていて、子供かが走り回っていたのですがまさか新幹線にまでこのラッピングがしてあるとは思いませんでした

スタンプラリーもやっていたようだし子供たちには大好評なのでしょうが、僕のような遅れてきた鉄にはふぅっという感じだし子供がいる訳ではないので判らないことばかり

でも子供連れだと乗車人員も増えてJRとしても良いのだろうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井遠征、先ずは上野駅で北斗星を撮影

Hokuto08/08から4日間かけて福井方面に遠征してきました、ルートは水戸〜上野〜新潟(きたぐに)〜京都〜丹後由良〜天橋立〜京都戻り〜福井戻り〜名古屋〜桑名〜富田〜名古屋戻り〜東京・上野〜水戸となりました

すいません暫くこの遠征ネタでブログのページをまた稼がせて頂きます

で先ずは上野駅、出発はMaxとき新幹線で新潟に向かうのですが新潟発きたぐにに間に合えばよいということで上野で北斗星を少し撮影とした

EF510新型となり一通りギャラリーが減ったかとも期待したのですが、夏休みでもあって子供が多いその中に中年のオヤジが紛れ込むのも何だか情けない感じもあり遠目から今年撮影となる

丁度ヘッドライトに北斗星のマークが逆に映り混んだ面白い絵になっていたのでアップしてみます

[喫煙場所情報]上野駅では常磐線特急の16-17番線鶯谷側端の喫煙室しか存在を知りません、でもここは常磐線への改札があるので普通は入れないかも

後は外に出て丸井前のJT喫煙場所まで移動するしかない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝台特急北斗星(EF510)、曇天で挫ける

Uh3カシオペア通過後約20分でメインの北斗星となったのだが、明るくなるどころかだんだん暗くなってくる

しかも少しポツンっと来やがった、ギャラリーは自分を入れて6人程度いるからレンズ構図に合わせてズカズカ入っていってラインの邪魔はできない

カシオペアとほぼ同じ構図で狙うも車体がブルーであるため余計露出がぁ、こういう時には赤いEF81の方がアクセントになって良いんだけどな

続きを読む "寝台特急北斗星(EF510)、曇天で挫ける"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウディA3 80,000km走行

A380000_2
4年と数ヶ月で80000km走行となりました、7並びは何かぼうっとして撮影するのを忘れてしまいましたが今回はしっかり撮影

あちこちぶつけたり側溝に落としたりはしていますが、大きなトラブルもなく使ってます

そういえばそろそろバッテリーも夏ばて気味なのかも知れない、スタート時少しぐずつく事があるな、でも純正にしないといけないから出費が痛いよなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝台特急カシオペア(EF510)、リベンジするも玉砕

Uk1夕方の撮影で日の長い時期でも露出が十分に撮れない、夕方は曇りがちであると言うことを学習しリベンジとして朝5時起き7時台の上り撮影に挑戦してみた

朝出がけは晴れ間が差してきたのでこれは十分な光が入ると期待した、のだが現着すると曇り空しかも少し降ってきてもおかしくない湿度の具合(空気の冷え方)

通過時晴れ間が差すことを期待したのだが曇天で切れることもなく、それでもカシオペアはやってきてしまった

続きを読む "寝台特急カシオペア(EF510)、リベンジするも玉砕"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝台特急カシオペア(EF510)

Cacio18時過ぎですから駄目でしたねぇ、Apertureでかなりレベル調整したけれど全然まとまらないし、HMが架線の柱とかぶってしまってる

まぁだいたい狙う位置が逆だというのは判っていたんですけどね、本当だったら朝の上りにすべきなんでしょうねこれも練習です

それから空は夕方だったから少しゴロゴロ言っていて、この撮影の10分後くらいにはもう夕立状態になっていたし全体がぼけたのはこのためって事はどうでしょう

続きを読む "寝台特急カシオペア(EF510)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

東北本線(宇都宮線)、貨物

Jrkamo福島臨海鉄道の撮影の後何か物足りない感じと、北斗星とかカシオペアの編成を撮ってみたいと思い、海沿いの泉市から片平までひたすら峠越えで此処まで来てみた

しかし着いたときは既に17時を過ぎていて露出が取れなくなってきている、ISO感度を上げても何か上手くいかないボケボケの絵になってしまった

この日は金曜日だったのでカシオペアの下りが走るはずなのでその練習でもある

いつもは路面電車とか2-3輌ばかり撮っているから編成になっているのはどう構成すべきかが全く判らない、しかも手取りだからぶれているようだし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島臨海鉄道、泉駅からの単機回送

Tankiコンテナを泉駅に運んだ帰りなのでタキを引いてくると思い、1時間の空きがあったので遅めの昼飯を幸楽苑のラーメン・炒飯セットで済ませて待つこととした

期待していたのだが来たのはなんと単機の回送、まぁ初めて見る単機なので撮影はしたのですが非常に残念な思いがしました(運送量が減ってしまっているのだろうか)

ある程度の長さを考慮していたから撮った絵はど真ん中の非常に寂しいもの、また次回だなこりゃぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泉駅に入線するカシ釜(EF81-92)

Kashigamaカシオペア用のEF81が貨物輸送に回っているというニュースは聞いていたが、ここ福島臨海鉄道の泉駅でお目にかかれるとは思っていなかった

この前の北海道への北斗星もカシオペア用のEF81だったし最近縁があるのかそれとも星釜は相当傷んでいるからなのか・・・

そうかそうするとしかすると水戸駅にはカシ釜と星釜が停まっているかも知れないなぁ、後で行ってみることとしよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島臨海鉄道、紫陽花

Fukushimar1_2少し時期が遅かったかも知れない、何処に行く当てもなかったので一眼では撮っていなかったこの場所のカットを再度撮影しに来た

コンテナだけだとアップにしないとやはり迫力に欠けているように思えるのは自分だけだろうか

空の部分もあって長いのだがこれも迫力不足に感じてしまう要因なのかも知れない

それからこの電柱やっぱり避ければ良かった、紫陽花で色気付けようとして失敗だな

続きを読む "福島臨海鉄道、紫陽花"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポチという名前らしい

Pochi雑種で家に来てから4-5ヶ月、年齢はまだ1才になっていないのかも知れない

僕の家は農家で田舎なので犯罪もまず無い、防犯で犬を飼うという習慣はなかったし老いた母は犬猫嫌いで余計縁遠いものになっていた

兄嫁がかなり好きなようで野良猫とこの犬が最近駐車場に居座っている

近づくと絡んでくるし元気が良いのだが、僕は犬の散歩をしたことがないのでまだじゃれている程度でしかない

それからツバメがまた卵を産んだらしいし巣立ったやつもたまに戻ってくるため、車庫が使えない状態が続いている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州遠征改め、福井遠征に変更する

Kippu2
4月末から(GW期間中)四国遠征 寝台特急サンライズ瀬戸利用
6月末北海道遠征 寝台特急北斗星・あけぼの利用

8月お盆休み前九州遠征と計画していたが意外と混んでいる、特に長崎のホテルの空きが少ないまた航空券を取るのが遅すぎたため定価しかなくなっていた(旅割期間はもう過ぎていた)

長い休みは夏・お盆休みなのだが、北海道の暑さにめげているというのもあり今回は延期とし代わりに本州で残していた福井鉄道の撮影に行くこととする

それだけでは勿体ないので、名所旧跡廻りとして天橋立に行ってみようと思う

でここまで寝台特急を乗ったのだからついでに、急行きたぐにを使って新潟〜福井に移動する計画を進めた

しかし福井着が4時、他は始発も動いていないし寝台も勿体ないので京都まで移動し次の日あたりに福井戻りというルートにすることとする

きたぐには個室が無くB寝台は3段そして狭い、今まではB寝台ばかりだったので今回は奮発してA寝台にすることとした、予定を調整すればまだA寝台下(窓を独り占めできる)が取れたし

A寝台は禁煙だけど端には喫煙席があるというのも選んだポイントでもある

さて無駄な上野〜新潟までの新幹線移動になってしまうが、それは楽しみのための序奏ですかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇都宮線でのロケハンとEF210回送

Utunoni1日の長いうちに北斗星とかカシオペアの上りを狙ってみようとロケハンに出かけてみた

くそ暑い中(外気35℃)宇都宮付近ならば一番近く(70km程度)狙える場所かと思い、カーナビと睨めっこしながら手頃な場所を探す

田園であまり家のない場所そして一時的に駐車できそうな場所ってのもなかなか無かったが、川沿いの道付近に手頃な場所を見つけることができた

当然カーナビのお気に入り登録しこの日は撤収とする、と思ったら丁度宇都宮線(東北線でもある)が走ってきたので踏み切り待ち撮影してみた

あと問題はこの場所付近に7時過ぎにこれるかどうかが問題でもある

続きを読む "宇都宮線でのロケハンとEF210回送"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋谷駅前のデハ5001に会いに行く

Shibuya06/29北海道遠征前の昼間にここまで来ててこの、デハ5001を撮影した当然人待ちが多かったりでコンデジでカメラを向けるのも結構気になります

この車輌は蒲田の学校に行っていた時代目蒲線で見ていたのと(乗ったかも知れない)、27年前頃宮前区に住んで中目黒まで通勤しているときに大井町線で乗っている車輌

動かなくなったものはあまり好きではないのだけどこれは別かな、あの当時は「ちぇ古い車輌かよ、外れだなぁ」ステンレスに赤帯のやつなら冷房も効いて当たりって感じでいました、今となっては懐かしいというところです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝台特急あけぼの、上野に定刻到着しました

Ef64ueno青森から上野までの移動経路は殆ど利用したことの無い路線のため、23時頃まで停まるたびに外を見て次の旅行の参考にしようとしていた

奥羽本線・羽越本線・信越本線・上越線・高崎線・東北本線と経由したし、東能代からの五能線、秋田駅、羽後本荘、村上駅は目が覚めて人の流れを見たり写真を撮ったりもした

当然夜中の窓越ししかも雨で濡れたガラスのため、良い写真にはほど遠いけど

青森を出たときは少し雨が降ってきていた今回の遠征は、少し雨が降った程度逆に日差しが暑すぎるくらいだった

続きを読む "寝台特急あけぼの、上野に定刻到着しました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝台特急あけぼの、少し寂しく晩飯です

Banm1あけぼのには食堂車・車内販売・自動販売機が無い、当然すべて持ち込みとなるため、この鳥そぼろ弁当(だったかな)とお茶・缶コーヒー・ミネラルウォーターなどを買い込んだ

青森駅では2時間ほど空きがあったので途中下車も考えたが、駅前の静けさを観た感じで駅撮りして待った方が良いかなと思いひたすら時間を潰すモードとなってしまった

駅弁は2〜3日暑い中での遠征撮影だったため食が進まない、でも何とか詰め込まないとこれからますます夏ばてになるので流し込む

そうそう毛布には、JR東日本盛岡支社 昭和63年2月というタグがあったつまり20年以上も使っているって事か

傷むものでもないしクリーニングとかしていれば長持ちするということ、そうか寝台特急とか列車が旅情を誘ったりするのは、使い捨てと呼ばれた物とは違う流れが潜んでいるからなのかも知れないな

続きを読む "寝台特急あけぼの、少し寂しく晩飯です"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青森駅、寝台特急あけぼの Bソロ2階の様子です

Bsoro1確かに北斗星の5号車ソロに比べると半分位しかないように思える狭さ、自分は身長165位で体重も60kgの小柄なので出入りする分には不自由しないが、

普通の体型だとあちこちぶつけてしまうサイズなのが知れない

手前がベッドで2つに折りたたんである、缶コーヒーの載せてある部分がベッド下の広げる部分実際これを広げて寝台を作るとトイレに出入りするのもキツい状態になった

奥側が起きているときに使うシート(背もたれ)なのだが、進行方向に向かって座ると足の置き場がゴミ箱の位置になって邪魔でもこのゴミ箱はマジックテープで止めてある

テーブルは木製の可倒式かなり年季が入ったもの良い雰囲気ではある、寝るときに荷物はこの階段部分を使うしか無かった

1番下に置くと当然内開きのドアは開かなくなるので使えない

続きを読む "青森駅、寝台特急あけぼの Bソロ2階の様子です"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青森駅、寝台特急あけぼが入線してきた

Akebono新幹線の青森への延伸でその動向が気になるあけぼのがやっと入ってきた、今回の乗車もそのためでもある

今日のEF81-139双頭連結器を付けていた、撮影しているときは全然気が付かなかったのですが

上りで荷物を抱え乗り込む人はぽつりぽつり、以外とゴロンとシートに乗り込む人が多かった気がする、また途中駅からの乗車は結構いるようである

今回はB寝台ソロ2階を取ってあるが、狭いキツいという話さてどうなんだろうか

続きを読む "青森駅、寝台特急あけぼが入線してきた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »