« 寝台特急カシオペア(EF510) | トップページ | アウディA3 80,000km走行 »

寝台特急カシオペア(EF510)、リベンジするも玉砕

Uk1夕方の撮影で日の長い時期でも露出が十分に撮れない、夕方は曇りがちであると言うことを学習しリベンジとして朝5時起き7時台の上り撮影に挑戦してみた

朝出がけは晴れ間が差してきたのでこれは十分な光が入ると期待した、のだが現着すると曇り空しかも少し降ってきてもおかしくない湿度の具合(空気の冷え方)

通過時晴れ間が差すことを期待したのだが曇天で切れることもなく、それでもカシオペアはやってきてしまった

Uk2この位近くに撮れば明るく撮れるんですけどね、でもこれだと編成全く無しになってしまうから

それからこのカシだけど札幌発土曜で明け日曜に通過するって事を全然分析できていなく、踏切が鳴り何か来たと思っての撮影となってしまった

まぁこの付近の通過時刻が計算通りだったのが良かったことですな、もう少し天気の安定するときに足を運ぼう、でもそうすると此処は稲刈り終わって殺風景になるかも知れない

|

« 寝台特急カシオペア(EF510) | トップページ | アウディA3 80,000km走行 »

[鉄]寝台列車」カテゴリの記事

(2- )JR東日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寝台特急カシオペア(EF510)、リベンジするも玉砕:

« 寝台特急カシオペア(EF510) | トップページ | アウディA3 80,000km走行 »