« 銚子電鉄、デキ3 | トップページ | 銚子電鉄、これから »

LAST RUN デハ801

8011/200 F7.1
伊予鉄より新型が3輌きてその代わり何輌かが廃止になるとか、帰り際警報機が鳴り出したので慌てて踏切の方にいき撮影

小さなHMには「LAST RUN デハ801 銚子電鉄」と書いてあった

古いものを惜しむ想いとある程度新しくしていかなければならない社会情勢って難しいと思う

自分の仕事なんかまだまだ使えるのにどんどん新しくなる世界だから20-30年も使っている動いているってのはやはり凄いと思う

|

« 銚子電鉄、デキ3 | トップページ | 銚子電鉄、これから »

[鉄]私鉄3セク」カテゴリの記事

コメント

どうもバリアフリーでも儲けている連中がいるとか、やはり今の時代企画とそれを動かせる資金・人材なのでしょうか
昔であれば周りが手を貸すというのがごく当たり前であったのに、それが薄れて消えてしまう

それだけではなく規則とかルールだけが先走りの状態、うねり出すと変な方に流れるようですね
でもやっぱり日本人であるって事に流れるのではと期待はしている

物はなくても不便だがありすぎても良くはない、時代により変わったり戻ったりしていきそうだとも思う

投稿: のが | 2010.02.26 22:44

廃止にはバリアフリー法も関係あるみたいですね。
罰則の強化。今のバリアフリーでは大手鉄道会社はまだしも小さい鉄道会社は車両を換えざるをえないようです。
自立の意味はわかりますが、介助者不要論はどうなのかなと?
所詮、健常者も障害者も1人では生きていけないと思うのですが。
時代に合わないからで古いものが消えるのは寂しいですね。

投稿: わか | 2010.02.25 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LAST RUN デハ801:

« 銚子電鉄、デキ3 | トップページ | 銚子電鉄、これから »