« 合成着色 | トップページ | 別に貧乏だった訳ではないけど »

黄金の都シカン 上野国立科学博物館

Ckn実はハムフェアに行ったついでに久しぶりに美術館(博物館)にいった、暑かったからもう少し涼みたかったというのもある

エジプト文明とその展示は結構あって何度か見ているが、アンデス文明・インカそしてこのシカンなどはなかなかお目にかからないので

エジプトなどに比べると金細工は精巧だが、ドーンと凄いと言うものではない
それよりも土器とかがインカのものと似ておりまたとてもユニークなので何度見ても飽きない

夏休みなので子供が多いかなとも思ったがねそれ程酷い状態ではなかった
展示物はTV番組を見ているからそれ程驚くものではなかったけど

最後の展示販売センターは、本・根付け・土器のレプリカ・アルパカ製品・現地製品のトートバッグ・財布・小物入れ・焼き物など色々あってかなり興味深いものだった

|

« 合成着色 | トップページ | 別に貧乏だった訳ではないけど »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうそう土器なども子供の頃の悪戯で作ったような感じでもあり、不思議

ケーナの音も少し物悲しさもあるけど旅情を感じさせてくれる
多分そこに住んでいる人たちの生活が今でも大きく変わらないから(変わらない所がある)かも知れない

マチュピチュ遺跡が雑誌に載った頃から一度はアンデスに行ってみたいとは思っているが出不精だから

投稿: のが | 2009.08.24 23:06

アンデス・インカ・シカンの文明はモンゴロイド(黄色人種)
南米まで移住し、繁栄。我々と同じ祖先と思うと不思議ですね。

投稿: わか | 2009.08.24 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黄金の都シカン 上野国立科学博物館:

« 合成着色 | トップページ | 別に貧乏だった訳ではないけど »