« 北京、万里の長城 | トップページ | 北京の物価 »

北京での食事

Bsyok1初日は機内食とホテルの日本食レストランで済ませる、飲めないビールだったけど15元なので付き合いで注文なんか温いし泡が少ない、苦みも無いけど黄色みも無い変な味、残しました。
2日目、朝はホテルのバイキングで、コーヒーとパン。チャーハンがあったので少し取ったがパラパラに乾燥していて香りが強すぎました。昼は会社の地下の食堂へ連れて行ってもらいバイキング方式で10元、固いメロン一切れ付きだけどとにかく安さにびっくり、味もソコソコ、でもプラスチックの箸は先が尖っていないのでご飯を一粒残さず食べようとする日本人には不向きでした。
晩飯は接待というか、北京の会社のプロジェクトメンバーと会食、飲み物はお客に合わせるのが礼儀のようで全員同じものになっていました。
味ですか、北京は食の都では無いように思えました、高級な日本向けならそうではないのでしょうが現地の方に連れて行ってもらう手頃な店は、日本で食べている中華とは全然違います。それに全然辛くない、薄味な方かもでも香りは強いかな。
Bbda3日目は昼に北京ダックをごちそうになる、皮だけでは無く身も食べます、スープ付で結構おいしく食べたのですが2杯目のスープにはダックの頭を入れられてしまい、少し引いてしまいました。

|

« 北京、万里の長城 | トップページ | 北京の物価 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北京での食事:

« 北京、万里の長城 | トップページ | 北京の物価 »