« GARMIN nuvi360のUpdate 3,4 | トップページ | 北京に出張予定 »

ITと現実の狭間で

僕はComputerのシステムエンジニアとして20数年仕事をしているが、その情報データをどのように使っているのか正確に理解していないと思う。
それでも相当良いシステムを提案構築できている。
ユーザの要望/意見とか顧客の目標などを聞くが、最近のものは本当にピントがズレていると感じている。
つまりComputer/インターネット/イントラネットを使うことが主になっていて、本当の効率化とやらなければ行けない事、責任がある事、外せない事など区別がつかない要望が多すぎる。
単一的な見方しかできていないと言う事だろうか、だから言っている事は合っていないと言い切っている。
そこは情報のプロが道筋を付ける、換えてあげないと巧く行かないと言っている。
ただこれを理解できる、そして実行できる人員が少なすぎる。
機器を導入するだけでソフト業界は、ソコソコ儲かってしまうから仕方ないのかなぁ。

|

« GARMIN nuvi360のUpdate 3,4 | トップページ | 北京に出張予定 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ITと現実の狭間で:

« GARMIN nuvi360のUpdate 3,4 | トップページ | 北京に出張予定 »