« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月の12件の記事

SimCity4、くじらが出てきました

ちょっと大きめの湖というか海を作ったところ、そこには鯨が泳いでいました。しかも潮吹きをしていました。
この構成は結構作っているのですが、鯨が出てくるとは思いませんでした、今は都市ができてしまったので見つからないのです。
kujira.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SENNHEISER HD25 ステレオヘッドフォン

hd25.jpg久しぶりに「ステレオヘッドフォン」を購入しました、自分が仕事を始めた頃は丁度ウォークマンが出た当時でした。まだ給料が少なかったので丸井の「月賦」で購入、通勤の電車の中で聞いていました。
そのときについていたヘッドホンと、その後少しいい音で聞きたいと思いSonyのヘッドホンを購入しました。

どちらも20数年前なのでヘッドホン自体は誰かに譲ったりで無くなってしまいました、初期型のウォークマンは何故か持っています、但しモーター駆動用のゴムが切れて動かない状態です。

SENNHEISERは、独ゼンハイザー社製の密閉ダイナミック型ヘッドフォン。小型・軽量(140g)ながら高い密閉度を実現。スプリットヘッドバンドによる装着は機能的、だそうです。
昔のようにほぼ毎日使ったいないので評価はだだで出いませんが、デジタルサウンド(圧縮音楽)との相性はと感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「消える想い」という曲

最近というかここ1ヶ月ほど会社の昼休みにたまにかかるこの曲が全然判らないでいました。
声からして男で新しい奴かと思い歌い出しとかから探していたのですが全然判らず、今週末たまたまかかったので会社で「誰っ」聞いて初めて知りました、女性だったんですね。
僕はKAB.とかも聞くのでてっきり男だと思っていましたし、今聞いても男で良くある声だよなぁと感じています。
この声質と曲のペースは、「ふっ」と落ち着くというか想える時を作ってくれるものだなと感じます。
最近こういうのがとても減ってしまってとても残念です、CM分の15-30秒しか保たない曲が多すぎます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は車の6ヶ月点検

かなり忘れていたのですがブレーキが怪しいのでただ今点検中で、ディーラーでぼーっとしています。
隣にスカイラインの展示車があり綺麗なのですが8-90年代が主役だった自分たちには、少し物足りないか違うデザインに感じてます。頑張ればオーナーになれるけれどやはり大きいな、今のプリメーラクラスが好きだなぁ、全長4500mm程度がぶつけなくて済むサイズだよな(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生産管理パッケージシステム

日本社会は、前回説明したように不用になった人員の削減が簡単にできない問題がある。
また生産部門の人員は相当実力があり、作業内容の問題に付いてのチェック指摘ができる能力がある、そのため生産管理パッケージを導入した場合の実際に発生する細かい問題についても指摘・そして変更修正方法を提案してくる。

しかし生産管理パッケージは、生産方法を変更するのが主体である。つまり人を変えないといけない
能力がある生産部門を、力のない管理部門が指示し業務を変えていくのは殆どできないのが現状のようである。
生産管理パッケージが上手くいかないのはこれが解決できない日本社会のビジネス体型ではないかと感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

システム化のための日本社会における問題

システム化を進めていくと日本の社会における限界が表面化していきます。
元々システム化するというのは業務を正確に間違いなく速く進めるのが目的なのですが、そうすると結果的に人員削減に繋がる。
でも日本社会では不要になった人員をむやみに首にすることができないという問題があります。
システム化による評価がなかなか表には現れないのが実状です。
今の時代システム化を行った管理部門の削減は当たり前で、それを使う部門も削減しなければならない、でもできないからどうしようもない(*_*:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現実的なシステム構築

色々理論的な設計や考え方があるのですが、最終的な保守運用まで考えると簡単なシステムの方が最終的にはよいと考えています。
エンジニアとしては理想があるのですが、それのためには運用を変えないとできないまたは、ユーザに多大な負担を掛けるなどがあり現実的でないことが多いですね。

だからコンサルタントが上手くいかないんでしょうね日本は・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

左利きである理由

左利きってとにかく不便です、まぁ僕の場合字を書くのと箸を持つのは何故か右なのですがそれでもいろいろあります。

(1)駅の自動改札・・・荷物を右手に持つ、だから切符は左手でそれでもって左手で切符を斜めに入れる

(2)自動販売機小銭の投入口・・・財布の小銭は左手で持つからこれも体を斜めにして小銭を投入。
挙げ句の果て小銭が出てきたらこれまた右端したの小銭口から左手で取る。
実は財布は特注で左仕様にしてもらっています。

(3)引きドアを開ける・・・これも右手で荷物を持つ関係で、左手でドアを引くとすると手が邪魔になるので体を半回転状態ですり抜けます。

ここで勘違いがあるらしく、女性と歩いていると僕の歩くルートは右利きのそれとずれているため大抵ドア出口に近い付近を歩きます。
ドアに近づくとドア本体に近い方に立つ形になるため、自然に「どうぞ」と言う形になります。

良いのは右ハンドルの国産車のバック走行ですかね、窓から右後方を見て、左手でのハンドル操作に安定感・信頼性がある。

ステアリング操作も左手をうまく使えるため、逆手での操作はしないですね。
左手でハンドルを押す・引くというのが普通にできますから。
最近は尖っていないけれど子供の頃は密かに、「左だから違うんだ」って思いこむようにしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SimCity4 RH画面キャプチャー

結構気に入った都市の部分ができましたのでご披露目、湖に架かっている橋がポイントでしょうか。
画面が小さく部分的なので判りづらいですが20万程度の都市になっています。
ラッシュアワーになり色異な形式の橋が造れるようになりまししたので意味もなく・無駄な橋が造れるよう
土地を作り橋を架けています。
種類は大通りの場合ですが下記のように色々あるようです。
通常の吊り橋、大きな鋼鉄のアーチ橋、石のアーチ、斜張橋、
小さな鋼鉄のアーチ橋、方持ちトラス橋、アンダートラスト橋、オーバーデッキトラスト橋

鉄道の場合も色々あるのですが、都市内に線路を引き廻すのが結構難しいので1本程度にしています。
最近車で走りながら、造成地を見ると「ここは商業地区を設置するのが良いかな」などと市長気分が
実生活まで染みこんでいる自分がいるのが妙におかしい状態です。
sim4cap1.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPodで通勤

ipod.jpg会社までの車での通勤は片道25Kmもあり40-50分かかります、その間FMかCDを長年聞いていたのですがiPodの出現で大きく変わりました。

それまでは大げさな話ではないのですが車検の頃にはCDプレーヤーが壊れて交換していました。

カセットの時代はヘッドがすり切れて交換という羽目もかなりありました、今はiPod+カセットアダプタ(audio-technica)+シガーライターからiPodへ電源供給するアダプタ(Belkin Auto Charger w/Audio for iPod)で数千曲再生可能の形となっていまして、いつでも気に入った曲とか「シャッフル」しながら走り回っています。

自分はウォークマン(当然カセット)世代ですから、音楽を持ち歩く・車で聞くというのが常でしたが、iPodがCMで出てきたときには「こんなHDDのプレーヤーいらないな」って思いました。

ただMacのiTunesにCDをリップして気軽に音楽が聴けるようになると、「カーステから聞けると便利かな」という気分になり取り付けてみると、「生活変わったかな」という気分ですね。

とにかく持っている曲すべてを持ち歩けるわけですから、CDチェンジャーどころかCD自体も要らない、しかもCDが炎天下で使えなくなったり、カーステ・チェンジャーが悪路で壊れることもない、でいいこと尽くめの生活に変わりました。

これは本当にお勧めです、ここ数ヶ月はレンタルショップで古い曲を探しまくって「リップ」する週末が続いています。
写真のように手元のカップホルダーに放り込んでおく方が、シャッフルとかするときでも運転姿勢が変わらず安全だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィルス・迷惑メール

自分の環境は、Mac+GyazMail+SpamSieve(メールフィルタプラグイン)としているのですが、統計データを見ると54%がスパムメッセージとなっています。
niftyのIDなのでかなり漏れているのは判っているのですが、これはかなり酷い状態です。
これてWindowsだったらボロボロになってしまうと思います、Windows環境はあるのですがMailは使っていません(--;)
この状態とウィルスとセキュリティパッチを考えるとWindowsは「仕事だけで十分」ってとこでしょうか。
spam.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕はなんて弱いんだろう

という曲を最近聴いているのですが、子供の頃も自分が一番弱いものなのだと思っていました。
40歳を越して部下が増えて色々相談に乗ったりしていると、自分が弱いものだとは思えなくなってきています。
そりゃぁ悩み込んでしまったり、落ち込んだりは相変わらずしていますが結局想い、考えることしかないことが多いときそのようになっているだけのように感じています。
悩んだり悲しんだり落ち込んだりしていられるのはきっと幸せなのかも知れないと思えるようになっています。

| | コメント (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »